心の脳科学 「わたし」は脳から生まれる 坂井克之著

心の脳科学 「わたし」は脳から生まれる 坂井克之著

「わたしは何者か」という問いを突き詰めていくと、それは哲学に通じてしまう。人間の意識は、「現象」であり「物質」ではない。つまり、冒頭の問いは科学では扱えないものであった。

しかし、脳科学の世界は、それまで心とか精神という名で語られてきた現象が、脳という物質に還元され、そのメカニズムが着々と解き明かされつつあるという。МRIなどの脳画像研究では、なんらかの人の思考や感情が、脳領域のどこで行われているかが簡単に分かってしまうのだ。

本書は、脳科学の最先端とその可能性を認知神経科学者が考察したもの。併せて、すべての思考を脳という物質に還元してしまうことの倫理的な危うさにも言及している。

中公新書 945円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT