心の脳科学 「わたし」は脳から生まれる 坂井克之著

心の脳科学 「わたし」は脳から生まれる 坂井克之著

「わたしは何者か」という問いを突き詰めていくと、それは哲学に通じてしまう。人間の意識は、「現象」であり「物質」ではない。つまり、冒頭の問いは科学では扱えないものであった。

しかし、脳科学の世界は、それまで心とか精神という名で語られてきた現象が、脳という物質に還元され、そのメカニズムが着々と解き明かされつつあるという。МRIなどの脳画像研究では、なんらかの人の思考や感情が、脳領域のどこで行われているかが簡単に分かってしまうのだ。

本書は、脳科学の最先端とその可能性を認知神経科学者が考察したもの。併せて、すべての思考を脳という物質に還元してしまうことの倫理的な危うさにも言及している。

中公新書 945円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。