民族とネイション ナショナリズムという難問 塩川伸明著

拡大
縮小
民族とネイション ナショナリズムという難問 塩川伸明著

ある時期まで平和的・友好的に共存していた諸民族・エスニシティが、あるとき突然激しい対立に陥ることがある。紛争をエスカレートさせるのは非合理的な情念か経済的利益その他の打算か、また大衆心理と政治エリートの戦略のどちらが重要な役割を演じるのか。「寛容」「開放性」「相互理解」等の精神が重要だということは古くから言い尽くされてきた。軍事紛争を避けるにはどうしたらいいのか。

国民国家の登場から冷戦後までの歴史をたどりながら、複雑な問題群を整理し、地域紛争の頻発や排外主義の高まりの中で、ナショナリズムにどう向き合うかを、ロシア・旧ソ連諸国を研究の「本拠地」とする政治学者が考える。

岩波新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT