日本人男性が「ブルーマン」を成功に導いたワケ

単身渡米、親からも借金をして資金を集めた

「最後は、母親にもお願いしました。母は離婚をして奈良の田舎で1人で暮らしていたのですが、僕の話を聞き『あんた、もうこれが最後やで。失敗したら日本に帰って堅実な仕事に就いて、一生この借金を返すために働きなさい』と言って、ローンを借りて、なけなしの金を集めてくれました。そのおかげで、1カ月だけ公演を続けられることになったんです」

そしてこのことが、後に出口さんの人生を大きく変えることとなった。

「時間はかかりましたが、口コミが口コミを呼んで、お客さんが1人増え、2人増え、1カ月後にはやっと劇場に人が入り始めて、そのさらに1カ月後にはやっと黒字化したんです」

劇場の前にはリムジンが並び始め、ウォールストリートからエリートビジネスマンや、モデルやセレブと呼ばれる人たちがブルーマンのショーを見に来るようになった。するとまた口コミが広がり、チケットが連日売り切れるようになっていった。

するとメディアの反応も変わった。「こんなショーは今までに見たことがない! アーティスティックなショーだ」さらには「あれこそ、ニューヨークのエンターテインメントだ!」と評価されるように。

さらに、その年の優れた作品に贈られる『ドラマデスク賞』も受賞。そうやって、ブルーマンの人気はどんどん広がっていき、今やニューヨークやラスベガスをはじめ、世界中でロングランヒットを巻き起こすショーに成長していった。

「出資してくださった方々にも、何十倍にしてお金をお返して恩返しすることもできましたし、ずっと心配をかけていた母にも喜んでもらえました」と出口さんは笑顔を見せた。

「これまで幾度となくつらい局面を迎えてきましたが、自分の感覚を信じて、やめずに続けてきて本当によかったと思いました。この経験は、僕に諦めないことの大切さを教えてくれましたし、“Never give up”という言葉は、今日まで続いていますね」

仕事をするうえで大切にしていること

ブルーマンのヒット後も、ミュージカルなどさまざまな作品を手がける出口さんだが、1つの作品を作り上げるまでの苦労を聞くと、そのあまりの過酷さに驚く。

「ブロードウェイでミュージカルやショーをやろうと思ったら、最低でも10億円、多い時は20億円かかるんです。その資金を集めるのも僕の仕事。これがいちばん大変です」

作品がヒットすれば、お金が何倍にもなって返ってくるが、失敗したら戻ってこないというリスクもあるので、投資家はシビアだ。さらに資金を集めないことには、作品を作ることができないので、まだ世の中にない作品の魅力を伝え、投資家から資金を集めるのは至難の技。99%断られるという。

次ページ世情によって数年単位で予定がずれ込むことも…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。