“出直しLCC”バニラエアに乗ってみた

及第点のテイクオフ、独自性確立が今後の課題

画像を拡大
黒が印象的なバニラエアの座席(撮影:鳥海高太朗)

ただ、一般の認知度はまだまだ高くない。バニラエアの就航路線をちゃんと理解できている消費者は限られている。就航路線を知ってもらい、破格の料金で旅行に行けることを訴求していかなければならない。

営業的な部分でいえば、バニラエアを使ったパッケージツアーの投入効果は大きいはずだ。現在、ANAセールスやH.I.S、ビックホリデーなどの旅行会社で、パッケージツアーなどを販売している。

旧エアアジア時代は、パッケージツアーの販売がほとんどなく、成田空港のチェックインカウンターでもツアー客の姿はほとんど見られなかった。だが、今回のフライトでは、荷物に旅行会社のタグを付けている人が多く見られた。

ピーチのように、自社ブランドが確立されていれば、一般消費者がピーチのホームページに直接アクセスし、航空券を購入してくれる。しかし、バニラエアのようにブランドがまだ確立していない状況であれば、旅行会社を重要な販売拠点として位置づける必要がある。旅行会社への販売手数料は、知名度を上げるための広告宣伝費という捉え方も成り立つだろう。

旧エアアジアのマイナス面は払拭したことは間違いない。次のステップとしてバニラエアのオリジナリティを出すことが、リピーター確保のためのカギになるはずだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT