“出直しLCC”バニラエアに乗ってみた

及第点のテイクオフ、独自性確立が今後の課題

画像を拡大
黒が印象的なバニラエアの座席(撮影:鳥海高太朗)

ただ、一般の認知度はまだまだ高くない。バニラエアの就航路線をちゃんと理解できている消費者は限られている。就航路線を知ってもらい、破格の料金で旅行に行けることを訴求していかなければならない。

営業的な部分でいえば、バニラエアを使ったパッケージツアーの投入効果は大きいはずだ。現在、ANAセールスやH.I.S、ビックホリデーなどの旅行会社で、パッケージツアーなどを販売している。

旧エアアジア時代は、パッケージツアーの販売がほとんどなく、成田空港のチェックインカウンターでもツアー客の姿はほとんど見られなかった。だが、今回のフライトでは、荷物に旅行会社のタグを付けている人が多く見られた。

ピーチのように、自社ブランドが確立されていれば、一般消費者がピーチのホームページに直接アクセスし、航空券を購入してくれる。しかし、バニラエアのようにブランドがまだ確立していない状況であれば、旅行会社を重要な販売拠点として位置づける必要がある。旅行会社への販売手数料は、知名度を上げるための広告宣伝費という捉え方も成り立つだろう。

旧エアアジアのマイナス面は払拭したことは間違いない。次のステップとしてバニラエアのオリジナリティを出すことが、リピーター確保のためのカギになるはずだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。