なぜマクロミルはファンドに買われるのか

創業者の杉本哲哉・会長兼社長が語る

――非上場化には、経営者自身が買収するMBO(マネジメントバイアウト)という選択肢もある。その場合、買収を行う資産管理会社がいったんは大きな借金を抱えるが、その会社をマクロミルと統合すれば、借金は会社に付け変わるため、経営者の懐は痛まない。そういう形で非上場化を行う会社も増えているが、MBOは考えなかったか。

考えませんでした。私は、社長という役職に必ずしも恋々としていない。この話はずっと社員にもしています。またリクルートでの経験からオーナー経営のもろさも経験しており、誰が社長をやっても成り立つような会社にしなければ会社は永続できない、という考えももずっと話してきました。

そういう意味では、MBOは私のポリシーに合わない。それによってオーナーの株式保有率を拒否権があるところまで高めることはできるでしょうが、オーナー経営に依存しない永続性の追及に反してしまう。MBOというのは、私が今まで通してきた筋とは違うんですよ。

オーナーから「雇われ経営者」に

――しかし自分が好きに経営できるほうが楽だし、自由なのでは?

私は現在46歳なのですが、あと5年経って50歳を過ぎたときには、SNSにしろ、スマホにしろもっと進化しているのは間違いない。今よりもっとビュンビュンした世界になっている。そんな時代に、何もわからないのに、目だけ黒くて元気で、株も3分の1持っていて大株主風を吹かせていたら、もう大迷惑なだけだと思いますよ。

――とはいえ、ベインは厳しい要求もしてくる。

それはそうですね。でも私は厳しいことを言われるのが嫌いではないので、ウエルカムです。これからは、1人の「プロ経営者」として会社に向き合っていく。

上場している間は、株主から預かったオカネを再投資してうまくいくのかいかないのかドキドキする経営だったが、これは精神衛生的にしんどかった。これからはベインとだけ対峙すればいい。ベインが私を最適な経営者ではないと判断すればどうぞクビにしてください、という心構えでやっていく。オーナー経営者ではなく職業的経営者として、どこまでこの会社や事業と向き合えるのか、伸ばしていけるのか。そこにチャレンジしていきたいと思います。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT