公正取引委員会、アマゾンに対し実態調査へ

ポイント原資出品者負担は独禁法違反の懸念

 2月26日、関係筋が明らかにしたところによると、公正取引委員会はアマゾンなど巨大デジタル・プラットフォーマーの実態調査に乗り出す。取引の実態を把握するため、27日に取引先企業を対象としたアンケート調査を始めることを発表する。都内のアマゾン・ジャパンのオフィスで2016年8月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 26日 ロイター] - 公正取引委員会は、アマゾン<AMZN.O>など巨大デジタル・プラットフォーマーの実態調査に乗り出す。取引の実態を把握するため、27日に取引先企業を対象としたアンケート調査を始めることを発表する。関係筋が26日、明らかにした。

公取委は今年1月、デジタル・プラットフォーマーを通じた取引の実情を把握するため、情報提供窓口を開設した。取引先企業へのアンケート調査も実施することで、個別のプラットフォーマーの問題点をあぶり出すことを狙っている。

デジタル・プラットフォーマーを巡っては、アマゾンジャパンが商品購入時のポイント原資を出品者に負担させる新方式を打ち出したことに対し、独占禁止法が禁止する「優越的地位の濫用」に当たるのではないかとの指摘が出ている。公取委はアマゾンについて、必要に応じて独禁法40条に基づく強制調査の実施を視野に入れる。

公取委のコメントは得られていない。

(和田崇彦 編集:田巻一彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT