東京マラソンを創った男の陸上界「創造と破壊」

ランブーム再び、陸連が取り組むRunLink構想

2:ランナーに対し、快適な環境を提供するプラットフォームを構築

多くの大会では、参加前にランナーに過去の記録提出を義務付け、そのタイムがスタート順に反映される。だが、自己申告制であるため、虚偽の申告も目立ち、衝突事故につながったり、ランナーが快適に走ることができない要因にもなる。

RunLinkの概要について語る早野氏(撮影:尾形文繁)

また、運営側にとっても、この記録照合作業は大きな負担だ。そこで、ランナーのデータベースを統合し、RunLink加盟大会に参加した記録情報を集約。

そのデータを各大会が自由に利用できるサービスを提供するという。

ランナーたちは、これらのデータベースにアクセスし、自らの練習や大会の記録を参照できるようになる。

そのため、ランナーにはRunLinkID(仮称)を付与し、このIDを使ってランナー情報を一元管理していくそうだ。

3:企業や行政や大会に対して、付帯サービスを提供

2000万人のランナー情報が集積され、そこにアクセスできれば、多くの企業にとって、重要なマーケティングデータとなる。情報アクセス権と引き換えに賛助会員を募り、RunLinkを媒介としたパートナー制度を構築、行政・企業といった、あらゆるステークホルダーと連携を図りながら、ランニング人口の裾野拡大を目指していく算段だ。

RunLinkを通じて企業に提供したいもの

東京マラソンの最大の功績が、普通の生活をしている人たちにも“走ってみようかな”と思わせる雰囲気を作り上げたこととすると、マラソン普及のコミュニケーション手法を、日本の陸上界全体に取り入れることは理にかなっている。

早野氏は、これまでに、東京マラソンを媒介にして行ってきた、企業と顧客間のコミュニケーション手法を例に出しながら、RunLinkでの取り組みを語る。

次ページRunLinkにおける考え方
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。