3年目の苦戦「トランプ一般教書」3つの注目点

経済や中国についてどんな発言をするか

通商政策では、対中交渉以外にも見所が多い。議会には、NAFTA(北米自由貿易協定)の改訂版であるUSMCA(米墨加協定)について、労働・環境問題での踏み込み不足などを理由に、迅速な承認に難色を示す気配がある。

これに対してトランプ大統領は、議会がUSMCAの承認を渋る場合には、NAFTAからの脱退を辞さない方針を明らかにする可能性がある。そうなれば、USMCA交渉の妥結でいったんは消えた北米の自由貿易圏消失リスクが、再び浮上しかねない。

「宿敵」にどんなメッセージを送れるか

かねてから検討中の自動車・同部品の関税引き上げについても、何らかの言及があるかが注目される。今後の日本やEU(欧州連合)との交渉に大きな影響を与えるにもかかわらず、トランプ政権の方針や今後のスケジュールに関する情報は少ない。不意打ちとならないよう、警戒が必要だ。

さらにトランプ大統領は、大統領の判断だけで関税を引き上げる権限を強化するよう、議会に求める方針である。さらなる貿易摩擦の深刻化を連想させるが、一方の議会には、関税引き上げに関する大統領の権限を弱めようとする動きもある。もろ手を挙げて大統領の提案が歓迎される状況ではない。

一般教書で脚光を浴びるのは、トランプ大統領だけではない。演説の会場には、中間選挙で選ばれた数多くの新人議員がつめかける。下院では女性議員の数が史上最多となっており、これまでにない華やかさが予想されるが、トランプ大統領にとって友好的な雰囲気であるとは限らない。

何よりも、トランプ大統領が演説を行っている間には、その真後ろに目下の宿敵であるペロシ下院議長が座る。どのようにトランプ大統領がペロシ下院議長に語りかけ、その演説にペロシ下院議長がどう反応するのか。わずかな表情の変化にまで、注目が集まりそうだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 住みよさランキング
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT