江の島「海さくら」は世界一楽しいゴミ拾いだ

たった一人の活動から世界に広がったワケ

様々なジャンルのフロントランナーからビジネスのヒントを聞く「飛躍のアルゴリズム」。今回のゲストは、神奈川県・江の島の海をきれいにする活動などを行っているNPO法人「海さくら」の古澤純一郎理事長。その活動について聞いた。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

古澤氏は1975年に明治40年創業の船具屋である古沢工業の長男として生まれる。1998年に慶応義塾大学法学部を卒業。大手デパートや広告代理店での勤務を経て2005年に家業の古沢工業に入る。

幼いころから川や海に接してきた古澤氏は同じ2005年に、江の島をきれいにするための「海さくら」の活動を1人で始めた。そして活動が広がった2015年には「海さくら」をNPO法人の組織にし、古澤氏はその理事長をつとめている。

“海さくら”とは

――まずは“海さくら”なんですが、どのようなスタートだったんでしょうか。

先ほど紹介していただいたように僕は船具屋だったので、川や海にお世話になっていました。それで海に何かしたい、海をきれいにしたいと考えて、自分でできることはゴミ拾いでしたので、まずはゴミ拾いを1人で始めました。

――たった1人で始めたということなんですよね。

そうですね。そしてその時は体力に自信がありまして、テニス部でボールボーイばかりやっていたので、ゴミも全部拾ってしまおうと思いました。しかし、ゴミの量が大変多く、次から次へやって来るので1人では無理だと思い、みんなの力を借りるために、まずは任意団体「海さくら」をつくりまして、後にNPO法人化しました。

――だんだん広がって今は世界にも、広がっているということなんですね。

いま国内では20団体くらいありまして、ハワイに2団体あります。

日テレニュース24の関連記事
江の島で世界一楽しいゴミ拾い 海さくら2
江の島で世界一楽しいゴミ拾い 海さくら3
江の島で世界一楽しいゴミ拾い 海さくら4
江の島で世界一楽しいゴミ拾い 海さくら5
【特集】フロントランナーの「飛躍のアルゴリズム」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。