野球と役所の街、「関内」駅が直面する転換点

地域の歴史は幕末に始まったが、駅は新しい

しかし、五方面作戦や根岸線建設は横浜のベイエリアを都市化させ、それが人口増を招いた。皮肉にも、横浜―東京間は混雑が激しくなるという、想定とは逆の現象をもたらした。

その後、1972年に市営地下鉄が上大岡駅―伊勢佐木長者町駅間を開業させ、1976年には横浜駅まで延伸。中間に関内駅が開設された。

鉄道網の整備とともに、関内駅とその周辺エリアは横浜の中心地として発展を遂げていく。

市庁舎移転という新たな問題も

横浜は150年間にわたって外国文化で育てられてきた。とりわけ、関内はベースボールというアメリカ文化に大きな影響を受けている。ベイスターズと関内駅の密接かつ友好的な関係も、そうした歴史があってこそ成り立っている。

2020年に移転予定の横浜市役所(写真:Ryuji / PIXTA)

平成も終わりを迎える今、関内駅は市庁舎の移転という新たな問題に直面している。関内駅はベースボールタウンでもあると同時に、横浜市役所の最寄り駅でもある。

関内は官庁街として発展してきた側面もあるため、市庁舎移転や跡地の再整備計画によっては発展にブレーキがかかる可能性もある。アメリカの文化で育ってきた関内は、新たな発展の方向を模索する時期にきている。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT