大谷翔平・元コーチが説く「教えない」理由

吉井理人「コーチだけにはなりたくなかった」

教えてはいけない理由4:「悪いアドバイス」がパフォーマンスを低下させる

僕が二軍のコーチをしているときの話だ。球が速く、調子が良ければものすごい球を投げる抑えのピッチャーがいた。しかし、彼は体の使い方が決して上手ではなく、魚が陸に打ち上げられたときのように、ピチピチと跳ねているような力みがあった。力のコントロールなど巧みにできるはずもなく、つねに全力投球しかできない。

試合では、マウンドで力むと急にストライクが取れなくなり、安定感はまったくない。その姿を見て、僕は自分の経験から、この投手は2割ぐらい力を抜けばうまくいくのではないかと想像した。

結果が出なくなってしまい、移籍

「あのさ、もうちょっと力を抜いたほうがいいんじゃないか? マウンドに上がったおまえは120の力が出てしまう。60ぐらいの力で投げればちょうど100ぐらいになっていい具合になるだろうから、一度そんな感覚で投げてみな」

その選手も、力んでしまう自分の欠点を自覚していたので、納得した。

「そうですね。僕もそう思っていました。やってみます」

そう言って練習に戻ったが、見ていると30ぐらいの力で投げている。練習だから30ぐらいの力でもいい、試合になればどうしても力が入るものだから、ちょうど良くなるだろうと思っていた。

ところが、試合でも30から40の力で投げている。いつもはマックス150キロのスピードが出るストレートが、120キロぐらいしか出ない。確かに力みはないからストライクゾーンには投げられる。でも、バッターにとっては打ちごろのスピードなので、面白いように打たれる。これはまずい。彼を呼んだ。

吉井:「力が入ってないように見えるで。フニャフニャやん。どんな感覚で投げてんの? あれでええんか? 」

選手:「はい! メチャメチャいい感じです!」

いいわけがない。試合後、すぐにビデオを見せた。

吉井:「試合では、こんなふうになってんねん」

選手:「えっ?」

ようやく彼も、自分のピッチングに力が入っていないことに気づいた。

吉井:「あのな、おまえにはこのアドバイスは向いてへんから、もうやめよう。明日から、元に戻そうか」

だが、元に戻そうとしても元に戻らない。ピッチングのときの力加減がわからなくなってしまったのだ。それからは結果が出せず、シーズンが終わるとトレードに出された。移籍先でも1年で解雇され、彼のプロ野球選手としての人生は終わった。

次ページ アドバイスは邪魔なもの
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT