「第2のハイテクバブル崩壊」が近づいている?

「アップルショック」は何を告げているのか

さて、お立合い。今年も懲りずに最後は競馬コーナーである。この週末のシンザン記念は出世レース。昨年このレースを勝ったアーモンドアイは、それから牝馬3冠を次々に制し、ついにはジャパンカップをレコード勝ちして1年を終えている。今年も括目してダイヤの原石を探してみたいところだ。

年明け3歳馬はまだキャリアが少なく、判断材料も不足している。それでも狙ってみたい馬がいる。

シンザン記念の本命はヴァルディゼール

ヴァルディゼールはキャリア1戦のみとはいえ、昨年11月10日の2歳新馬戦の勝ちは目覚ましいものだった。今を時めくロードカナロア産駒で、母父ハーツクライという血統も関心をそそる。

普通だったら、2連勝でこのレースを迎えるアントリューズあたりから流すところだが、このレースの主眼は未来のG1ホースを見出すことにあり。だったらここはヴァルディゼールで「エイヤッ」と単勝で勝負してみたい。

2019年は不透明性の年。とはいえ、「山より大きなイノシシは出ない」ともいう。ありがたいことに、競馬は賭けたカネ以上のものを失うことはない。ここはひとつ、亥年の運試しと行ってみよう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。