クルーグマンの視座 ポール・R・クルーグマン著/北村行伸訳

クルーグマンの視座 ポール・R・クルーグマン著/北村行伸訳

本年のノーベル経済学賞を受賞した米プリンストン大学・クルーグマン教授の考え方を要領よく学べる。

受賞理由は、貿易のパターンと経済活動の立地に関する分析を称えてだが、トピックスを巧みにとらえ、とかく異説を唱える(ニューヨーク・タイムズにコラムを持つ)ので、「取る前から有名人であった珍しい例」と受賞発表時に米メディアが形容したほどで、本書にその本領が示される。

たとえば、先進国にとって第三世界との競争が大きな問題だという見方を理論的にもデータからも否定する。むしろその見方によって先進国の「隠れみのを着けた保護主義」が、あからさまな貿易障害につながっていくことを警戒する。

さらに、一国の経済政策は企業の経営戦略と違うことを、国民経済=クローズド・システム、企業=オープン・システムという対比によってあきらかにして、企業経営者の安易な政策参加を腐(くさ)しているのは、なにやら教訓的だ。

ダイヤモンド社 1470円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。