歯を失った人が頼るインプラントの最新事情

実は50年の歴史を持つ伝統的な治療法だ

まずは人工歯根であるインプラントです。インプラント体とは外科手術で顎の歯槽骨部分に埋め込む人工歯根のことで、生体親和性の高いチタン製でネジのような形状をしています。アバットメントとは、インプラント体と上部構造を、ネジを使って連結させるパーツです。ただ単に連結するだけでなく、かむ力や方向を補正しインプラント体の強度を助ける、上部構造を保護するといった役割を果たします。

被せ物の冠とは、義歯に当たる部分で、素材はさまざまです。大きく分けて「金属系」、生体親和性が高く金属アレルギーの心配がない「セラミック系」、生体親和性が高く強度が強い「ジルコニア系」に分けられます。また、上記の構成とは別にインプラントと土台が一緒になっているものや、土台と冠が一緒になっているものもあります。

CT撮影ができる歯科院を選ぼう

インプラントの治療は、神経や血管など生死に関わる繊細な箇所の治療です。診療前にCT撮影を行ってくれる歯科院・歯医者を選びましょう。CT撮影を通し、患者一人ひとりの口内環境に合わせて、担当の専門医に自分に適した術式について説明を受けましょう。

その際、インプラントの治療に関するシミュレーションを確認できるクリニックを選ぶことが重要です。患者の口内環境によって、最適なインプラントの太さや長さは異なります。インプラント処置をする位置などを含めて、CT画像で事前に説明を受けることができるクリニックを選ぶことが、治療したインプラントを少しでも長持ちさせる第一歩です。

最新の診断システム「ガイデットサージェリー」。3Dで手術のシュミレーションができる(筆者提供)

さらに現在では「ガイデッドサージェリー」という方法も出てきました。CTスキャンで撮影した画像データとお口の中の3Dスキャンしたデータをもとに、コンピューター上でインプラントの手術のシミュレーションをもとにした治療計画を立て、その治療計画どおりに精確に行われる手術、またはそのシステムのことを指します。

専用のコンピューターソフトを使ったシミュレーションでは、インプラントを埋め込む適切な位置や角度、深さを診断することができます。そして、そのシミュレーションのデータをもとに手術用のテンプレートを作製し、患者の歯肉に装着することで、的確な位置と角度でインプラントを埋め込むことが可能となります。 そうすることで、安心安全かつ治療時間も短くできます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。