両親が70歳を過ぎたら「介護準備」が必要だ

10のチェックリストで両親の状態を確認

介護の準備、できていますか?(写真:プラナ/PIXTA)
ご両親が元気なうちは、「介護なんて当分先のこと」と他人ごとのようにお考えの方も多いでしょう。しかし介護は突然やってきます。想定もしなかった事態に戸惑い、余計な負担まで背負い込んだ結果、心身の健康を害してしまうこともあるのです。突然の事態に動揺しないためにも、いまから準備をしておくことが大切です。
そこでうまく乗り切るための心構え、準備しておくべきことなどについて、淑徳大学総合福祉学部教授の結城康博先生に教えていただきました。

介護は「明日始まる」つもりで心構えを

介護はどのように始まると思っていますか?「介護は、年を重ねて体が不自由になり徐々に必要になっていくもので、両親や配偶者が元気なうちは遠い先の話」と思っている方が多いでしょう。しかし残念ながら、介護はある日突然やってきます。もしかしたら、明日起こるかもしれないのです。

当記事は「毎日が発見ネット」(運営:毎日が発見)の提供記事です

T家の休日の朝のこと。奥さんがごはんの準備をしていると、通常なら6時に起床するご主人がなかなかリビングに来ませんでした。おかしいなと思った奥さんが寝室に行くと、ご主人はまだ寝ていました。休日だし疲れているのかと思い、そのままにしました。

さらに2時間後に寝室へ行き、体を揺り動かしても反応がなく起きませんでした。異変を感じて、救急車を呼び、大学病院へ救急搬送すると脳梗塞でした。発見が遅れたことから、寝たきりとなり、介護が始まったのです。

このように脳梗塞や心筋梗塞、認知症をはじめさまざまな病気を突然発症し、昨日まで元気だったのに急に寝たきりや車いすになり、要介護状態になることもあるのです。

では、突然起こるかもしれない介護をうまく乗り切るにはどうしたらいいのか、ポイントをお教えします。

基本的に70歳を過ぎたご両親・配偶者がいたら、介護はいつ始まってもおかしくないという心づもりでいましょう。そのためにも、常にアンテナを張って、普段から介護に関する仕組み、施設、金銭などの情報をさまざま収集しておくことが大切です。理想的なのは、家族みんなで情報を得て共有しておくことです。そうすれば突然の事態にも困惑することなく対応することができます。

次ページ介護について家族で話し合う
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。