田中圭やDA PUMPが2018年ブレークした理由

ビジネスチャンスは「真ん中」にあった

2018年のエンタメに見えたヒットの法則とは?(写真:bankrx / PIXTA)

2018年も残りわずかとなり、今年の「流行語」「漢字」「ブレーク俳優」「好きなアナウンサー」「顔」など、1年を振り返るランキングや授賞式などがネット上をにぎわせています。

なかでも多いのは、「ヒットがその1年の世相を反映する」と言われるエンタメや芸能人に関わるニュース。2018年はどんなコンテンツやタレントがヒットしたのでしょうか?

ここでは今年のエンタメや芸能人を振り返りながら、あらゆる業界に共通するヒットの法則、すなわちビジネスチャンスの可能性を見いだしていきます。

新星でもベテランでもない中堅がブレーク

まず俳優でブレークしたのは、田中圭さん(34歳)と中村倫也さん(32歳)。

田中さんはこれまでも年間5~10作に出演する芸能界屈指のバイプレーヤーでしたが、ひさびさに主演を務めた「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)で人気が爆発しました。一方、中村さんも硬軟OKの「若き名バイプレーヤー」と呼ばれていましたが、朝ドラ「半分、青い。」(NHK)への出演で幅広い層から支持される存在に。

とりわけ田中さんは、『日経トレンディ』発表の「2018年のヒット人」、「ORICON NEWS」発表の「2018ブレイク俳優ランキング」1位に選ばれるなどの圧倒的な支持を集め、私のところにも多くの媒体からコメント依頼がありました。

女優では、最大のブレーク発信地となっている朝ドラの主演を務めた永野芽郁さん(19歳)と安藤サクラさん(32歳)。永野さんは19歳ながら芸歴10年目であることから、かつて無名女優の登竜門となっていた朝ドラが、現在はそれなりの実力と知名度を兼ね備えた中堅クラスの女優を起用していることがわかります。ちなみに永野さんは、「ORICON NEWS」の「2018年ブレイク女優ランキング」1位にも選ばれました。

次ページフレッシュな存在よりも“中堅クラス”が選ばれた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悩める小売り2大巨頭<br>セブン、イオンの盲点

失態続きのセブン&アイ・HD。鈴木敏文元会長が推進したオムニチャネル事業関連など、「負の遺産」とも言うべき子会社の業績不振も深刻だ。イオンも赤字を垂れ流す問題児に頭を抱える。岐路に立つ両社のグループ経営の問題点にメスを入れる。