マツダとボルボが高評価を総なめにする理由

一度クルマづくりをリセットしたのが大きい

ボルボも新体制下でプラットフォームを一新した。まず2014年に「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)」を現行「XC90」とともに登場させると、「S90」「V90」「XC60」「S60」「V60」へ立て続けに採用。今回COTYを受賞したXC40には小型車用の「CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)」を与えた。こちらはボルボと吉利が共同で設立した新ブランド「Lynk & Co(リンク・アンド・コー)」にも使われる。

ボルボの現行XC90(筆者撮影)

デザインについては2013年の「コンセプト・クーペ」を皮切りに「コンセプト・XCクーペ」「コンセプト・エステート」を立て続けに発表。SPAを先行採用していたこの3台のコンセプトカーが、S90/XC90/V90のデザインを示唆するものだった。さらに2016年にはSUVの「コンセプト40.1」とセダンの「コンセプト40.2」を発表。説明するまでもなく前者はXC40のプロトタイプだった。

共用ではなくなったことで自由な発想が可能に

両者の新世代プラットフォームは、前輪駆動でありながらフロントタイヤとキャビンが離れていることも共通している。マツダではその理由として、エンジンの吸排気系の効率を高められること、理想的なドライビングポジションを取れることを挙げているが、流麗なプロポーションを描けることも理由にあったはずだ。

一方のボルボはコンセプト・クーペのデザインについて、プラットフォームがほかのブランドとの共用ではなくなったことで、自由な発想が可能になったと表明しており、スカンジナビアのモダンなライフスタイルやデザインと、1960年代のボルボの象徴的なデザイン要素を融合することができたとしている。

もう1つ、プラットフォームの一新と同時にエンジンを直列4気筒以下に絞ったことも、新世代ボルボとマツダに共通している。欧州を中心とするダウンサイジングのトレンドを受けたとも言えるが、マツダはV型6気筒、ボルボは直列6気筒という手持ちの多気筒型の高性能エンジンをラインナップから落とし、4気筒ターボエンジンのチューニングを変えることで対処した。

スポーツモデルには6気筒以上のエンジンを引き続き用意するドイツのプレミアムブランドとは一線を画した形になったが、この決断もまた理想的なデザインを生み出す要因になったはずだ。

次ページマツダとボルボのエンジン戦略
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT