ウクライナCDSコストが急上昇

大規模デモで、金融危機懸念台頭

12月3日、ウクライナの債務保証コストが2010年1月以来の水準に急上昇した。同国では大規模なデモが発生しており、金融危機の懸念が高まっている。写真は12月2日、キエフで(2013年 ロイター/Gleb Garanich)

[ロンドン 3日 ロイター] -3日のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、ウクライナの債務保証コストが2010年1月以来の水準に急上昇した。ウクライナが欧州連合(EU)との連合協定締結を見送ったことを受け、同国では大規模なデモが発生しており、金融危機の懸念が高まっている。

ウクライナの期間5年のCDSコストは50ベーシスポイント(bp)に上昇し1107bpとなった。国営エネルギー会社のナフトガスが事実上の債務不履行に追い込まれた2009年に付けた水準に迫っている。

デモ隊の間でヤヌコビッチ大統領に対する辞任要求が高まるなど政治的な混乱が続くなか、市場ではウクライナが来年、債務不履行に陥る可能性もあるとの懸念が出ている。

ウクライナ国債は前日は大きく売り込まれたが、この日は安定的に推移。格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は同国の政治的な混乱は現在「Bマイナス」としている同国の格付けに織り込まれているとしており、状況がさらに悪化しない限り格下げはないとの立場を示している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT