「大黒柱」として稼ぎ続ける男性たちの本音

働けない妻の背景にある、辞められない夫

共働きが普通になった今日、専業主婦を妻に持つ男性の考え方とは(写真:Fast&Slow/PIXTA)

私が社会人6年目で妊娠したころ、あるいは、育休から復帰し、仕事と育児の両立をしていたころ。周囲の男性同僚たちに「いいなぁ」「ずるい……」と感じたことは、多すぎて数えきれない。

妊娠・出産を経なくても自分の子どもを持てる、あるいは思う存分仕事をして、帰ったらかわいい子どもがきちんとケアを受けることができている。なんとうらやましいことか。そして学生時代からの男友達や同期の男性が専業主婦志向の女性と結婚していくのを見ると「ふーん」と、何か出し抜かれた感覚すら覚えていた。

だったら主夫と結婚すればという声もあるだろうが、大黒柱の気持ちとは、あるいは専業主夫の気持ちとはどのようなものだろうか。

この連載の一覧はこちら

育児をしていると、私の場合は外で働いているほうが楽に思える(もちろん人により、向き不向きや好き嫌いもあるだろうし、大変さは子どもの性質や年齢にもよる)。とりわけ今、3歳の子の幼稚園が冬休み中で家で1日中見ているだけに、未就園児の子どもを抱える専業主婦の大変さは身に染みる。育休中やシンガポールに来てからしばらくは専業主婦状態になった経験から、専業主婦の置かれている状況は比較的身近に感じてきた。

その点、もっとも立場的に共感しづらいのが専業主婦の妻がいる男性たちだ。お会いすることはあっても、もっぱら仕事の話で完結してしまうことも多く、あまりこれまで家庭について深く話を聞いてみることもしてこなかった。

今回は、共働きではなく、専業主婦を妻に持つ男性側へのインタビューから男性側から見た「専業主婦前提社会」を見てみたい。

専業主婦の妻がいるアドバンテージ

マスコミ系勤務の寺田さん(40代半ば、仮名)の妻は専業主婦歴20年あまり。寺田さん曰く、

「妻はバイトは少しやっていた時期があるのですが、外で働くのが向いていないんです。働きたいと言い出したこともないし、心身に不調をきたしそうだから僕も働いてほしいとも思わない。一方、子どもが生まれたときには『天職』『このために生まれてきたのかも』というくらい、家事や育児は向いているみたいです」

3人の子を産み育て、寺田さんの転勤にも帯同し、妻として母として役割を果たしている。

次ページ若い世代は共働きがあたりまえ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT