北朝鮮で拡張進む「高級ゴルフ場」の高級具合

18ホールに加え、新たに9ホールと宿泊施設も

北朝鮮で進む「高級ゴルフ場」の拡張工事の中身は?(写真:北朝鮮ニュース)

平壌の外れにある「平壌ゴルフ場」で大がかりな拡張工事が行われていることが、北朝鮮ニュースが独自に入手した衛星写真などから明らかになった。北朝鮮は豪華リゾート施設の新設・拡張工事を国内各地で進めている。

平壌ゴルフ場は、平壌と南浦(ナンポ)をつなぐ高速道路沿いにある台城(テソン)湖に面する。建設計画を記した現地の立て看板によると、既存の18ホールに加え、新たに9ホールと宿泊施設を含む各種の建物が建設される予定になっているようだ。

ゴルフ選手権開催で外貨獲得?

朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」は最近、利用客には「外国人と北朝鮮人の両方」がいると書いたが、実際には駐在外国人と北朝鮮富裕層の利用にほぼ限られている。

本記事はNK News(北朝鮮ニュース)の翻訳記事です

イギリスのルピナス旅行会社は、早くも「2019年北朝鮮アマチュアオープンゴルフ選手権」の宣伝を始めている。同選手権は2019年9月4~7日に開催予定。それまでに工事を完了させる計画だろう。

海外の旅行会社がすでに宣伝を始めているということは、ゴルフ場のリニューアルは外貨獲得戦略の一環として行われている可能性がある。アメリカと非核化交渉を進める北朝鮮は最近、国際制裁の緩和を強く求めるようになっている。

「平壌ゴルフ場リニューアル工事」の計画が示されたボードには、新設ホールの詳細な完成見取り図のほか、宿泊施設、トイレ、エントランスなど、24の建物・構造物の完成予想図が示されている。

新しく建設される9ホールのうち5ホールは、湖の中心部に向かって突き出た細長い半島に造られ、メインのクラブハウス近くにある近隣の半島と400メートルの橋で連結される計画。ただ、11月12日付の衛星写真によると、工事はまだ始まっていない。

次ページ注目ポイントは新たに建てられる宿泊施設
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。