米ISM製造業景気指数、2年半ぶり高水準

11月は57.3と、10月の56.4から上昇

12月2日、米供給管理協会が発表した11月の製造業景気指数は、2011年4月以来2年半ぶりの高水準をつけた。写真はテネシー州の工場で8月撮影(2013年 ロイター/Chris Berry)

[ニューヨーク 2日 ロイター] -米供給管理協会(ISM)が2日発表した11月の製造業景気指数は57.3と前月の56.4から上昇し、2011年4月以来2年半ぶりの高水準をつけた。雇用も伸びた。

同指数は5月に拡大・縮小の分岐点となる50を割り込んだものの、その後は6カ月連続で50を上回るとともに上昇基調が継続。11月も政府機関が一部閉鎖された10月から拡大ペースが加速した。また11月は55.0を見込んでいた市場予想も上回った。

新規受注は60.6から63.6に上昇し、2011年4月以来の高水準となった。雇用も前月の53.2から2012年4月以来の水準となる56.5に上昇した。

生産は60.8から62.8に上昇した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT