「ボヘミアン・ラプソディ」現象化への違和感

クイーンは愛すべき「変なバンド」だ

・通常の上映に加え、歓声や合唱OKの「胸アツ応援上映」も話題だ。リピーターが多いのは、どちらも体験したいという考えもあるからだろう。英語詞を字幕に入れるなど気が利いている。当時のフィルム・コンサートをオーバーラップさせている方も多いかもしれない。

・今世紀に入りポール・ロジャースやアダム・ランバートと共にクイーンの活動を再開、現役バンドとして話題を提供している。来日公演はアリーナ/スタジアム・クラスで実施。

・サッカーをはじめスポーツ大会で歌われる曲があり、世代、国を超えて知名度は広がる一方。

・そしてもちろん、ノスタルジー。仕事や子育てが一段落して「久々に若い頃に聴いた洋楽でも」となった場合にクイーンの名が浮かぶ人は多いはずだ。その意味では確かにあの頃を代表するロックバンドではある。

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』以来のヒットか

洋楽ものの映画としての『ボヘミアン・ラプソディ』の日本での成功は、ドキュメンタリーも含めるならば『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』(2009)以来といえるだろう。クイーンとMJに浅からぬ縁があるのも興味深い。

欧米でも公開初週の興行収入が第1位となった国は多く、アメリカではシングル「ボヘミアン・ラプソディ」が『ビルボード』誌で33位に入った。これは1970年代、1990年代(フレディ・マーキュリー逝去を受けてのシングル・カット)そして2010年代と、20年ごとにヒットした珍記録といえる。

伝記映画としての面白さは、近年では『ジェームス・ブラウン~最高の魂を持つ男~』(2014、日本2015)に比肩すると思う。直後にドキュメンタリー映画『ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』(2014、日本2016)が公開されたのもよかった。

別々のスタッフにより制作されたものなので偶然だったとはいえ、近い時期に公開された2本は互いの不足部分を補完し合っていた。今回のクイーンも近いうちにドキュメンタリー映画が公開されれば、上記の違和感や不満はかなり解消されるのにと夢想する。

その予定を耳にしない今、ドキュメンタリーに代わる映像ソフトとしてお薦めしたいのが、映画パンフレットのディスコグラフィーにも載っている「伝説の証~ロック・モントリオール1981&ライヴ・エイド1985」だ。これには特典としてブライアンとロジャーのコメンタリーが付いており、この時の裏話だけでなく、広くクイーンのことをいろいろと語り合っていて、ロングインタビューとして聞ける。

繰り返しになるが、今のクイーン人気は美しい面が強調されすぎている。その違和感は拭い切れない。このままだと博物館入りしてしまう。安易に「伝説のバンド」扱いされるこのムードが続くと、小学校の図書室の「偉人の伝記コーナー」に、フレディ・マーキュリーが並びかねない。「昔の偉い人」になるのだとしたら、ファンも含め、当時を知る人(含ファン)がすべて亡くなった今世紀後半でいいんじゃないだろうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT