「ボヘミアン・ラプソディ」現象化への違和感

クイーンは愛すべき「変なバンド」だ

またリーダー不在といえる民主的なバンドだったのも独特だった。フレディはフロントマンでありリーダーではなかった。フレディを「クイーンのリーダー」と紹介しているか否かは、それが好きな人によって作られた記事なのか、流れに乗って作られた便乗記事なのかを判断する1つの目安になる。

彼らの異端ぶりを象徴するのが外見だ。普通にいうところのロック的な「格好良さ」「美しさ」とは違う美意識があった。それはギャグすれすれでさえあった。

なぜ映画はここまでヒットしたのか

フロントマンがいわゆる美形ではなく異形だった。和服(女物)をはだけて着用。かの有名な全身タイツ。ブライアンのひらひら多めの服。フレディが口ひげを生やした時、日本にはしゃれか本気か「フレディのひげを剃らせる会」という団体がラジオ番組や雑誌に登場した(実在したのか?)。女王の王冠とガウン。ひげのあるまま女装。ライブ・エイドという大舞台なのに休日のお父さんみたいなフレディ――。

『ボヘミアン・ラプソディ』はもっとクスクスという笑い声と共に観られてもいいと思う。

この映画のヒットによりクイーンの知名度が再び上がり、ファンが増えるのはうれしい。しかし「今頃になってどうして?みんなそんなに好きだったっけ?」という気持ちもある。しかし、この映画はなぜここまで成功したのだろうか。いくつか理由を列挙してみたい。

・もともとクイーン自体の知名度がとても高かった。4人の顔と名前を当時のほとんどの10代は知っていただろう。しかもファースト・ネームのみで通じた。

・浮世離れした、考えてみれば映画化に適したキャラクターとストーリーを持っていた。『ミュージック・ライフ』誌関係者諸氏が指摘するように、少女漫画の主人公、そして倒錯したギャグ漫画の要素もあった。

・PRスタッフの作戦勝ち。しっかりとした公式ウェブサイトが作られ、少しずつ内容を明かしていく方法も巧みだった。公開の半年近く前からSNSでは予告動画が続々とシェアされ、似ている/似ていないの話題を伴い盛り上がっていた。

・彼らの音楽は途切れることなくお茶の間に流れている。これに関しては、最初にスターにしてくれた日本に対して、クイーン側の楽曲使用許諾が寛容だというすてきな追い風もある。

・当時のファンは50歳以上なので夫婦割(ペア割)を使って映画館へ行ける。

次ページリピーターは「胸アツ応援上映」へ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT