FRB議長「段階的利上げでリスク均衡目指す」

ハト派的な内容で株価は大きく反発へ

 11月28日、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、政策金利が中立金利を「若干下回る」水準にあるとの認識を示した(2018年 ロイター/CARLO ALLEGRI)

[ニューヨーク 28日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は28日、ニューヨークで講演し、米経済見通しには「多くの好材料」が存在するとの見解を示した。また、FRBが段階的な利上げによって経済の順調な軌道の維持とリスクの均衡を目指していると述べた。

パウエル議長は「状況はしばしば、最も慎重な予想からも大きくかけ離れることがある」とし、「FRBの段階的なペースでの利上げはリスクを均衡させるという役割を果たしている」と語った。

議長はまた、物価安定と最大雇用のFRBの二大責務の達成に「近い」と述べたほか、政策金利は中立金利を「若干下回る」水準にあるとの認識を示した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。