FRB議長「段階的利上げでリスク均衡目指す」

ハト派的な内容で株価は大きく反発へ

 11月28日、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、政策金利が中立金利を「若干下回る」水準にあるとの認識を示した(2018年 ロイター/CARLO ALLEGRI)

[ニューヨーク 28日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は28日、ニューヨークで講演し、米経済見通しには「多くの好材料」が存在するとの見解を示した。また、FRBが段階的な利上げによって経済の順調な軌道の維持とリスクの均衡を目指していると述べた。

パウエル議長は「状況はしばしば、最も慎重な予想からも大きくかけ離れることがある」とし、「FRBの段階的なペースでの利上げはリスクを均衡させるという役割を果たしている」と語った。

議長はまた、物価安定と最大雇用のFRBの二大責務の達成に「近い」と述べたほか、政策金利は中立金利を「若干下回る」水準にあるとの認識を示した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。