燃費トップ奪還へ!ホンダがトヨタに逆襲予告

「アクア」に抜かれたのは想定内

低燃費ナンバーワンの座を明け渡した「フィット」(撮影:梅谷秀司)

「反撃の仕方は考えている。それは追々公表する」

こう自信ありげに語るのは、ホンダの技術開発子会社である本田技術研究所四輪R&Dセンターの三部敏宏常務執行役員だ。

ホンダは9月、フルモデルチェンジした「フィット」のハイブリッド車(HV)で、ガソリン1リットル当たり36.4キロキロメートルの燃費を達成。トヨタ自動車のHV「アクア」から低燃費ナンバーワンの座を奪取した。ところが、11月26日、トヨタがアクアを一部改良して燃費を37.0キロに引き上げ、ナンバーワンの座をあっさり奪い返した。

ホンダの天下はわずか3カ月弱で終わった。ただ、そうなることは「想定内」とばかりに、三部常務はトップ再奪還への動きをにおわせる。

HVシステムに改良の余地

自信の背景にあるのは、新型フィットで導入したHVシステムが、従来のシステムを完全に刷新したシステムであることだ。エンジンはもちろんのこと、モーターなどの電動パーツ、トランスミッションも新たに開発し直している。まったく新しいエンジンのため、現時点では性能を引き出すよりも安定性を重視しており、これから改良・調整によって燃費性能も上げていく余地が大きい。

対して、アクアのHVシステムは2003年に開発したシステムを使っており、実績と安定性は申し分ないが、燃費改善の伸びしろは小さい。

次ページ実用レベルで差はなし
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT