トラフグ養殖業者に差し込んだ光明

11月29日を「いいフグの日」にしたワケ

「身欠きフグ」の解禁で取扱い拡大

実際、解禁の効果は大きかった。東京都によると、身欠きフグの解禁以前から、ふぐ調理師免許がいる店は都内に約4000店あるが、昨年の解禁以後、13年9月末までの1年間で身欠きフグを取り扱う届け出は5122件あったという。

首都圏で48店舗の「とらふぐ亭」を展開する東京一番フーズでは、流通の解禁に合わせて、12年11月に塩浜の物流センターに身欠きフグの加工場を新設。自社店舗だけでなく、流通量の拡大を見込み、他の外食店などに身欠きフグを外販するビジネスを始めた。

加工場では最大2500尾のトラフグを備蓄し、東京23区内ならば24時間以内に配送する。「軌道に乗るには時間がかかるが、興味をもってメニュー化しようというお客様は増えている」(東京一番フーズの岩成和子執行役員)という。

若男水産の前田社長は「東京の人に、大阪と同じぐらいトラフグを食べてほしい」と意気込む。寒さが徐々に深まり、本格的な鍋シーズンは目前。身欠きフグ解禁という”追い風”をとらえて、トラフグは東京都でどれだけ存在感を高められるのか。この冬は養殖業者にとっての大きな試金石となりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT