24歳の大谷翔平が会見で見せた驚異の人間力

新人王獲得から帰国、天才と言われる理由

1つ目は『僕の気持ちだけで言えない』という常識的な見解、2つ目は『興味を持っている』『出場してみたい』という本音、3つ目は『普通のこと』というメディアへの控えめなけん制。「本音で答えますけど、言葉尻を取ってさわがないでくださいね」という各方面に気の利いたビジネスパーソンにふさわしいコメントだったのです。

トップで活躍するビジネスパーソンに年齢は関係ない

ワイドショーのコメンテーターたちは、「自分の24歳のときと比べると凄い」「もう少し若者らしいところがあってものでは?」などと言う人もいましたが、トップシーンで活躍するビジネスパーソンに年齢は関係ありません。また、「大谷選手が少年のように見える」という声もよく聞きますが、それは「自分の仕事を楽しんでいる」からそう見えるのではないでしょうか。

事実、大谷選手はこの日、「はじめたばかりのころから野球が好きでしたし、あまり変わることなく来ています。小さいころは週2回でしたが、『次の週末になるのが楽しみで仕方なかった』というのが続いていると思いますし、今年もグラウンドに行くのが楽しみで仕方ありませんでした」と語っていました。さらに言えば、周囲の人々にこれほどお金のにおいを感じさせない選手も珍しいでしょう。

ここでも大谷選手に、「あなたは自分の仕事を楽しんでいますか?」「毎日、職場に行くのが楽しみですか?」と問いかけられているように感じてしまいます。まるで、「そうでなければ業界のトップにはなれない」「スキルの高さより、仕事を楽しめるほうが天才」とでも言うように……。

同じ20代前半のときに日本記者クラブで会見したスーパーアスリートには、イチロー選手、錦織圭選手、羽生結弦選手がいますが、総合的な人間力の高さは大谷選手が最も高いようにも感じます。みなさんもメジャーリーガー・大谷翔平としてだけでなく、“ビジネスパーソン・大谷翔平”としても、その一挙手一投足に注目してみてはいかがでしょうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。