英語発音に自信がない人に教えたいコツ3選

「外国人に通じる」ためには自信も必要だ

英語教育の基盤のひとつである社会言語学(社会や世界での英語の使われ方を扱う言語学の一分野)には「リンガフランカ(世界共通語)としての英語」という概念があり、次のような考え方をする。

英語は非ネーティブ同士で使われることが圧倒的に多いため、目指すべきはネーティブスピーカーのような発音ではなく、互いに通じる発音である。その際には、母語の痕跡があっても構わない。

最後の点には賛否両論あるが、世界には「母語訛りは自国に対する誇りや民族的アイデンティティの表れ」と考える学習者もいる。知り合いのイギリス人英語教師に言わせると、フランス人にその傾向が強いという。そこまで大げさに考えずとも、少なくとも「カッコよさよりも通じやすさ」という発想は、英語を話す際の心理的ハードルを大いに下げてくれる。

そのような発想の転換は、特に日本人英語学習者にとって重要である。冒頭で紹介したジェンキンズ教授の調査項目には、各国の英語教師による自国民の発音評価というのがある。それによると、日本人は自己評価が低く、「本物の英語」を習得する気持ちが強いというアンケート回答者のコメントを引用している。

「通じる英語」を話すために

ここで興味深いのは、中国人の英語教師による中国語訛りの発音に対する態度である。ランキングでは日本語訛りと最下位を争っているが、自己評価は極めて高い。メンツもあるのだろうが、自尊心の表れでもある。

その一端に私も触れたことがある。中国内陸の中規模の都市(といっても人口は大阪ほどもある)で、公立の小中高の英語授業を視察したときのことである。学校数が尋常ではなく、また給料がさほど高くないためか、どこの学校にもALT(ネーティブの語学補助教員)がいなかった。

そこで先生たちに、「ネーティブ教員がいなくても英語はきちんと教えられると思うか」という質問をしたところ、「いるに越したことはないけど、自分たちで十分に教育できる」と自信たっぷりに答えていた。

教えるにせよ、学ぶにせよ、使うにせよ、自信の果たす役割は大きい。多くの日本人にとって、自信を持って「通じる英語」を話すための第一歩が、ここで説明した発音の3大ポイントである。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT