朝日新聞が進めるデジタルファーストの要諦

ウェブの台頭で報道の現場はどう変わったか

また、その日のニュースをその日のうちに届けるために、これまで15時半から行われるのが通例だった朝刊のためのデスク会を、1時間繰り上げて14時半からとしたのも、デジタルファーストへの備えの1つ。

迅速な意思決定のため、午前中と夜のデスク会は椅子に座らず、立ったまま行うのも大きな特徴です。まるで立ち話のようなスタイルで、15分を目安にミーティングを手短に進めています。

朝日新聞デジタルの“今”を示す、アクセス解析ツール

一方、今どのような記事を読者が求め、どのような記事が読まれているのかを的確に把握することも、デジタルメディアにとって欠かせません。そこで朝日新聞では、社内利用のために「Hotaru」と名付けられた独自のデジタル指標分析ツールを導入しています。Hotaruは今年度の新聞協会賞(技術部門)の受賞が決まりました。

「Hotaru」と名付けられた独自のデジタル指標分析ツール(写真:news Hack by Yahoo!ニュース)

「『Hotaru』は直近の全体PVや注目ワード、PV上位記事などをまとめたツールです。創刊から140年、ずっと紙のノウハウを積み重ねてきた会社ですから、デジタルに苦手意識を持つ人も少なくありません。そこで、どこからアクセスの流入があり、どのようなトレンドが生まれているのか、朝日新聞デジタルの“今”を示すデータが直感的に理解できるよう、フォント1つからこだわったデザインになっているのが特徴です」(編集局エンジニア・今垣真人さん)

画面を見れば、社内向けのシステムとは思えないほど洗練したインターフェースであることがわかるでしょう。編集局内ではこれを大モニターで常時掲示し、現状の共有に努めています。

編集局所属のエンジニア・今垣真人さん。製作本部、情報技術本部・技師を経て、2016年11月から編集局へ(写真:news Hack by Yahoo!ニュース)

「『Hotaru』では記者自身のパソコンで書いた記事がどのくらい読まれたかなどを、記事単位で見ることができます。約2300人いる編集局員それぞれが、自分が手がけた記事がどのくらい読まれたかを知ることで、今後の課題を見いだす材料にもなるでしょう。また、ウェブではどうしてもPVにばかり目が行きがちですが、CV率、つまりその記事からどのくらいの人数が有料購読に進んでもらえたかを意識する行動が社内に根付きつつあるのも、『Hotaru』の成果でしょう」

次ページ紙とウェブでは反響が明確に変わる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。