朝日新聞が進めるデジタルファーストの要諦

ウェブの台頭で報道の現場はどう変わったか

実際、ランキングデータを見れば、PV上位の記事とCV上位の記事では、ラインアップが明確に違うそう。

紙とウェブの両立で、さらなる良質な記事づくりを

これらの取り組みを通して同社が目指すのは、紙とウェブの両立であり、両メディアの相互作用によって記事のクオリティーをさらに向上させること。同じ話題であっても、紙とウェブでは反響が明確に変わります。

「withnews」のトップ画面(画像:news Hack by Yahoo!ニュース)

そこで最近の取り組みの1つとして、30代前後の若い記者を中心に“次世代チーム”を編成し、従来にはない角度から記事を作る、実験的な取り組みも行われています。こちらは「平成家族」と題した、同社が運営する「withnews」とYahoo!ニュースの共同プロジェクト。

「これは家族のあり方が多様化する中で、新しい価値観とこれまでの価値観のはざまにある現実を深掘りしようという企画です。さまざまな理由で結婚せずに出産・子育てをする女性たちや、不妊や出生前診断など、家族とは何かを問いかけるシリーズで、ウェブ上で大きな反響をいただいています」(佐野さん)

デジタルの時代だからこそ求められる記事、見えてくるニーズがある。それらを逃さず拾い上げ、記事として形にするのがこれからの朝日新聞の使命だと語る佐野さんと今垣さん。

コンテンツが持つ可能性をさらに広げるため、試行錯誤が重ねられています。「朝日新聞デジタル」のこれからに、ますます期待が高まります。

(取材、文:友清 哲/編集:ノオト)

newsHACKの関連記事
現場を撮り続けて11年 写真記者が出向して思うこと【十勝毎日新聞(北海道)→Yahoo!ニュース トピックス編集部・出向社員コラム】
「さあ、もう一度頑張ろう」新聞社からヤフーに出向して考えたこと【神奈川新聞→Yahoo!ニュース トピックス編集部・出向社員コラム】
新聞とAIをつなげた「日曜プログラマー」――高校野球戦評を自動生成する仕組みを開発
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。