ソフトバンク孫社長とサウジ、「蜜月」の行方

記者殺害事件後初の公の場で何を語ったか

孫氏が「ファミリー」と呼ぶ主要出資先の1つで、SBGが筆頭株主でもある米ライドシェア大手のウーバ-・テクノロジーズのダラ・コスロシャヒCEOも事件への懸念を示した上で、早々に欠席を表明している。

会議に関して孫氏が事前に何も語らず、態度も明かさないままサウジを訪れたのは、より丁寧なプロセスとして直接欠席を伝えるためなのか、ギリギリまで出欠の判断に迷ったかのどちらかといえる。

孫氏は既存のファンドの足元での影響について、「現時点ではわれわれの方に、(出資先企業がサウジのマネーを嫌って)SVFのお金は受け取りたくないという話はあまり来ていない。若干の影響はあろうかと思うがきちんと対応し、説明していきたい」と述べた。

ファンドへの自信と裏腹にくすぶる火種

SVFは、大きな利益を稼いでいることに加えて、グループの戦略上でも非常に重要な役目を担っている。孫氏が今年7月に打ち出した「AI群戦略」(世界中のAI<人工知能>の有望な企業に2~4割を出資し、グループで連携していく考え方)のカギになる事業だからだ。SBGにとって、莫大な運用資金を動かすSVFを通じた間接出資は、AI群戦略の軸である。

孫正義社長は「AI群戦略」の重要性を改めて強調した(撮影:今井康一)

SVFの利益水準や、SBGが今後目指していく方向性も踏まえて孫氏は、「SVFは非常に好調で、来年、再来年はさらに上回れるようにしたい」との意気込みも語った。

孫氏の説明からは、サウジの事件がSVFに大きな影響を及ぼす可能性は低いようにも聞こえる。一方で、世界中の名だたる企業がいち早くサウジ投資会議の欠席を表明したり、非難のステートメントを出したりした事実は、無視はできない。

渦中のサウジ政府と親密に見えるリスクがあると考えたのだと推測すれば、SBGの今後に火種がないとは言い切れない。会見の途中では、ジョークも交えながら笑みも見せた孫氏だが、最後は、「誠意を持ってお答えしたつもりです」と述べ、冒頭と同じような神妙な面持ちをつくって締めくくった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT