「ニュー・シネマ・パラダイス」―旋律の秘密

歌の国イタリアの巨匠、エンニオ・モリコーネ

2016年2月、『ヘイトフル・エイト』でアカデミー賞を受賞したモリコーネ(左)、プレゼンテーターはクインシー・ジョーンズ(写真:The Grosby Group/アフロ)

なぜ、モリコーネの音楽はかくも胸にしみるのでしょうか。

答えは容易に見つかりません。創造の瞬間の神秘と感動の本質に直結する問いだからです。でも、1つ言えることは、モリコーネの音楽には、明快な特徴があります。

美しい旋律とそれを生かす前衛的な語法

モリコーネの真骨頂は、歌の国イタリアの正統な伝統を引き継ぐ美しく豊かな旋律です。天から降りて来るインスピレーションのなせる業かもしれない、と思わせるほどです。そして、モリコーネ節としか言えない個性があります。

決して策を弄することをせず、ごくごく自然にシンプルに旋律が羽ばたくのです。しかし、それだけでは、砂糖菓子のように甘いだけになりかねません。

モリコーネの音楽が屹立しているのは、旋律を生かす前衛的語法を持ち合わせているからです。父親から受け継いだジャズの精神と聖チェチーリア音楽院で学んだ現代音楽の理論がそのバックボーンです。意表を突く展開と構成、刺激に満ちた和音と編曲です。

美しき旋律と前衛的語法の絶妙のバランスが、モリコーネを唯一無二の作曲家にしています。

蘊蓄(うんちく)はさて置き、『ニュー・シネマ・パラダイス』オリジナル・サウンドトラック盤に身を委ねてみましょう。収録されている16曲は映画から独立した組曲としても味わえます。ここには、情感あふれる旋律と包容力のあるアンサンブルがあります。「思い出」「家事」「愛のテーマ」「廃墟の中で」と流れる部分には、人生の機微、悲哀、希望が音楽で描かれているようです。

最後に、すばらしい音楽はつねに多くの演奏家たちがカバーします。ヨーヨー・マ、渡辺香津美、パット・メセニー、イツァーク・パールマンの演奏もぜひ聴いてみてください。

聴けば、聴くほどに、心の奥の最も柔らかい急所を直撃するパワーを宿していることに驚きます。モリコーネ音楽。聴き倒すべし。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。