ソニーが「ノイズキャンセル」で狙う音響復活

20年ぶりにオーディオ機器事業が増収

ソニーが日本で10月6日に発売したノイズキャンセリングヘッドホンの第3世代製品「WH-1000XM3」(撮影:今井康一)

「大学の友達の間では、ソニーのヘッドホンを着けて勉強するのがとてもはやっている。中国人はソニーブランドを質のいい製品として信頼しているんだ」

今、中国でソニーのノイズキャンセリングヘッドホンが人気を集めている。上海に住む22歳の男子大学生は、熱く語ってくれた。アリババグループが運営する中国最大のネット通販サイト、「天猫(Tmall)」で人気なのが、ソニーのワイヤレスヘッドホン「MDR-1000XM2」。価格は、公式ストアのもので2899元(約4万7500円)だが、若者を中心に大人気だという。

2017年度、ソニーは営業利益で7348億円をたたき出し、20年ぶりに過去最高を更新した。空前の好業績はゲーム事業のほか、音楽事業などのエンターテイメント系コンテンツといった高収益のビジネスが好調なことが大きい。ただ、オーディオ機器やカメラなどのエレクトロニクス製品の採算が改善していることも大きく貢献している。

ワイヤレスヘッドホンが世界でブームに

特にオーディオ機器は、実に20年ぶりの増収となった。ヘッドホン(イヤホンも含む)や携帯音楽プレーヤーの「ウォークマン」などがここに入るが、中でも牽引したのは3万円を超えるような高価格帯のワイヤレスヘッドホンだ。冒頭に挙げた中国市場向けが、若者からの熱狂的な支持で売上高の4割超を占めるほか、欧米や日本でも好調。ウォークマン以来ともいわれるヒット商品も誕生している。

ソニーはヘッドホンだけでなく、ノイズキャンセリングイヤホンも展開。写真は防水機能がある「WF-SP900」(日本では10月27日発売予定)(撮影:今井康一)

そもそも、世界のヘッドホン市場全体には今、追い風が吹いている。年率5%程度しか伸びないオーディオ機器市場の中で、ヘッドホン市場に限れば2018年1~6月の世界販売額が前年同期比26%増(GfK調べ、片耳のみのモノラルをのぞく)となった。

きっかけとなったのが、2016年9月に米アップルが発売したスマートフォン「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」から、イヤホンの端子を差し込むジャックが廃止されたことだった。この年の12月、アップルは独立型のイヤホン「AirPods(エアーポッズ)」を発売。当初は税込みで約1万8000円という価格が高いとの声があったものの、白いエアーポッズを耳に付けた人々が街を闊歩する風景は、都心部などでは今や当たり前となった。

次ページワイヤレス登場でヘッドホン市場が沸騰
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。