フランス発25万円スピーカーは何が凄いのか

パトロンが支援、フランス起業ブームの実態

パリ・オペラ座内のデビアレ旗艦店(写真:デビアレ)

年に2回、一流ホテルの会場で開かれる百貨店・伊勢丹のお得意様向け展示販売会、通称「丹青会」。9月初旬に開催されたこの会で、目の肥えた客たちをうならせたのが、「ファントム」と名づけられた日本初上陸のワイヤレススピーカーだ。

卵のような形の機体には、左右に丸い金属板がはめ込まれており、曲が低音に差し掛かるとブルブル振動する。高さ約25センチ、幅約25センチのコンパクトな大きさからは想像できない、体にズシリと響く音を再生できるのが特徴だ。1台約25万~40万円(税込み)と値が張るが、2日の期間中、複数台が売れたという。

(出所:youtube)

伊勢丹は、9月中旬から新宿店で常設売り場を設置。カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の運営する二子玉川の蔦谷家電でも販売が始まった。

このスピーカーを製造するのは、ソニーでも米ボーズでもなく、フランス・パリを拠点とする音響技術メーカーのデビアレ(DEVIALET)だ。創業から11年しか経っていないベンチャー企業だが、2012年と2016年に計18社から総額1億5500万ユーロ(約200億円)もの資金を調達した。

LVMHやルノーが資金をつぎ込むワケ

出資者には、ルイ・ヴィトンなどを展開する仏LVMHに加え、仏自動車大手のルノー、台湾EMS(電子機器の受託生産)大手の鴻海テクノロジーグループやシャープなどの世界的メーカーに加え、OS「アンドロイド」を開発したアンディ・ルービン氏の設立したハードウェア開発支援のベンチャーファンドの名も見える。

こうした大手企業がデビアレに資金をつぎ込むのは、同社が音響関係で保有する108の特許に理由がある。特にコアとなる技術が、創業者で現会長のピエール・カルメル氏が2004年に開発した、音を増幅させる技術だ。

次ページベンチャー投資は欧州最大に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT