「出自」がわからない経営戦略論は有害無益だ

「経営戦略論は役に立つのか」対談:前編

理論をしっかり読み込んで理解して、頭の中に入れつつ、ただ信じるのではなく批評することも大事になる(写真:metamorworks / PIXTA)
経営戦略という学問は、経営実務の世界では役に立つのだろうか。有史以前からAI時代に至る戦略論の議論を俯瞰した大作『経営戦略原論』が、ベンチャー企業の経営者の間でも話題になっている。
本書をいち早く読んで、「一気に読んでしまった。これはつねに携帯すべき本だ」とSNSで発信したのが、マッキンゼーやグーグル、リクルートなど、12の会社で働き、近刊『どこでも誰とでも働ける』が話題のIT界のエバンジェリスト、尾原和啓氏だ。
今回は、同書の著者である慶應義塾大学准教授の琴坂将広氏と、尾原氏との対談。経営戦略はどう役に立つのかを語った。

尾原:実は2年ぐらい前から、論文を読むことが増えて、本を読む量を逆転しました。以前は、最新情報はウェブでも調べられても、その裏側に潜む本質的なフレームワークや軸を考えるためには、著者が時間をかけてその知見や経験を書いた、時間の凝縮ともいえる本のほうがよいと思っていたのですが、今や、マーケティングと経営に関する論文の数や回転速度がすごく上がっています。

『経営戦略原論』(琴坂将広著/東洋経済新報社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

特に、確率論的なシミュレーションを含めて、実証や研究が進み、マーケティングと社会心理といった境界領域の研究も増えてきました。

だから、学術論文検索用のグーグル・スカラーでキーワードを追いかけてアップデートするようになったのです。その僕がなぜ『経営戦略原論』を熟読するかというと、インデックスとして役立つからです。

琴坂:面白いですね。尾原さんはコンサルタントとして多様な事例を体験され、いろいろな顧問先とのインタラクションの中から、経営のサイエンスを作り出しているというイメージがありました。その土台の上にさらにアカデミックな理論にも日常的に触れられているとお聞きし、新鮮に感じます。

経営戦略は進化論としてとらえられる

尾原:僕にとって、この本は経営戦略というよりも「進化生物論」のように見えます。経営は生き物であって、その時、そのタイミングにおける適者生存が起こるのです。その時代のどういうコンテキストの中で、どの経営戦略がいちばん生き残りやすいかというように。

しかし、そこには矛盾もあって、結局、強い経営戦略を持った生物が現れると、みんながそれを装着し始める。それで生態系が変わったりするので、次に何を装着すべきかを考え出す。そうやって、また次の適者生存としての新しい経営戦略論が生まれてくるのです。

次ページ経営戦略の進化の系譜を追う
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT