店名・商品名も公開!賢い「外食で糖質制限」 あのチェーン店なら、どのメニュー?

印刷
A
A

モスバーガーの「モスの菜摘(なつみ)」シリーズも糖質制限食にはおすすめです。バンズの代わりにレタスを具で挟んだメニューです。通常の「テリヤキチキンバーガー」の炭水化物量が約32gなのに対し、「モスの菜摘テリヤキチキン」は約8gと、4分の1に抑えられています。

サンドイッチチェーン店「サブウェイ」でも、すべてのサンドイッチをパン抜きでオーダーすることができます。野菜の増減にも対応してもらえますので、その分、好きな野菜を多めにしてもらったらどうでしょうか。

ケンタッキーフライドチキンの「オリジナルチキン」は1個当たりの炭水化物が約8gですので、2ピースでも16g程度です。

これにコールスロー(S)を加えれば炭水化物は約6gですので、合計22gとなります。あとはコーヒー(ブラック)など糖質の少ない飲みもので済ませれば、1食当たりの糖質量の基準をほぼクリアできます。

また、衣の薄いチキンナゲットも糖質含有量が少なく、5ピースの炭水化物量は約11グラムです。ケンタッキーフライドチキンはじめ、マクドナルドやモスバーガーでも食べることができます。これにサラダをプラスすればランチになるのではないでしょうか。

フライドポテトと清涼飲料水には注意

このようにファストフードも、糖質制限で利用できるようになってきました。しかし、気をつけていただきたいのは、フライドポテトと清涼飲料水です。

フライドポテトの原料はじゃがいもで、糖質を多く含みます。たとえばマクドナルドで販売されているフライドポテト(マックフライポテト)のMサイズの糖質量は約51gにもなります。ご飯1杯(約150g)に含まれる糖質量が約55gですから、ほぼそれに匹敵するわけです。

また、清涼飲料水も糖質含有量が多いものがありますので要注意です。液体は体内吸収が早いので、固形の食べ物より早く血糖値を急上昇させます。

コーラ(糖質ゼロを除く)やソーダ類といった甘い清涼飲料水は必ず避けなければなりません。果汁100%のオレンジジュース、グレープフルーツジュース、リンゴジュースなども200ml(コップ1杯)で糖質が約20gも含まれています。

健康イメージのある果物ですが、果糖、ブドウ糖、ショ糖などが含まれており、このうちブドウ糖やショ糖が血糖値を上げるのです。また果糖はAGEs(終末糖化産物:「50代なら「太ってなくても糖質制限」の理由」)をブドウ糖の数十倍生じやすいので要注意なのです。少量の果物を食べるならいいでしょうが、濃縮されたジュースは避けましょう。

以上のようなことを参考にしていただき、拙著『外食でやせる!』(毎日新聞出版)などもご参照のうえ、健康的な糖質制限の外食を楽しんでいただければと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT