キヤノンが2018年度予想を下方修正したワケ

デジカメ不振や顧客の設備投資先送りで

 10月25日、キヤノンは、2018年12月期の連結業績予想を25日に発表し、売上高を4兆1200億円から4兆円、営業利益を3785億円から3355億円、税引き前当期純利益を4100億円から3650億円へとそれぞれ前回予想から下方修正した。写真は都内で2012年6月撮影(2018年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 25日 ロイター] - キヤノン<7751.T>は、2018年12月期の連結業績予想を25日に発表し、売上高を4兆1200億円から4兆円、営業利益を3785億円から3355億円、税引き前当期純利益を4100億円から3650億円へとそれぞれ前回予想から下方修正した。

レンズ交換式デジタルカメラの販売計画見直しや、産業機器分野で顧客となる企業が設備投資を後ろ倒ししていることなどを加味して、見通しを引き下げたと説明している。

また、同日発表した2018年12月期第3四半期累計(1─9月期)の連結決算(訂正)(米国基準)は、営業利益が前年同期比0.7%減の2433億円だった。売上高は同2.2%減の2兆8935億円、税引き前純利益は同0.9%減の2629億円となった。

このうち、7─9月期の売上高は前年同期比6.8%減の9264億円、営業利益が同12.4%減の683億円、税引き前純利益が同23.6%減の670億円にとどまった。

会社側は7─9月期について、レンズ交換式デジタルカメラの販売台数が前年同期を下回ったほか、有機ELパネルへの投資が一服し、FPD露光装置や有機ELディスプレイ製造装置の売上が前年同期を下回ったことなどを減益要因として挙げている。

今回、下方修正された通期の営業利益予想は、リフィニティブがまとめたアナリスト19人の予測平均値3753億円を10.7%下回っている。

業績予想の前提となる第4四半期の為替予想は、1ドル=110円、1ユーロ=130円とした。

(田巻一彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。