日本の里親「世に知られていない」数々の真実

「=養子縁組」は間違い?自治体間に格差も

日本では里親のもとで暮らす子どもが少ない(写真:GARDEN Journalism)
さまざまな社会問題と向き合うNPOやNGOなど、公益事業者の現場に焦点を当てた専門メディア「GARDEN」と「東洋経済オンライン」がコラボ。日々のニュースに埋もれてしまいがちな国内外の多様な問題を掘り起こし、草の根的に支援策を実行し続ける公益事業者たちの活動から、社会を前進させるアイデアを探っていく。
本記事はGARDEN Journalism(運営会社:株式会社GARDEN)の提供記事です

10月4日は「里親の日」。終戦の5年後、1950年に里親制度の運用について都道府県知事に対して通知がなされたのが、10月4日だったといいます。当時は、戦争孤児が日本全国にあふれていたために整備された制度でした。そして今、様々な理由で親と暮らすことができない子どもたちの数は全国におよそ4万5000人いるとされていますが、平成29年3月末時点でその内の2万6449人が児童養護施設に身を寄せています(※1)。里親に委託された子どもの数は平成28年度末時点で5190人に留まっています(※2)。なぜ日本では里親のもとで暮らす子どもが少ないのでしょうか?

(※1:平成29年12月時点で、社会的養護(保護者のない児童、被虐待児など家庭環境上養護を必要とする児童などに対し、公的な責任として、社会的に養護を行う)を必要としている子どもは、約4万5000人。平成29年12月厚生労働省子ども家庭局家庭福祉課「社会的養育の推進に向けて」より。)
(※2:厚生労働省ホームページ「里親制度に関するデータ」より。)

J-WAVE「JAM THE WORLD」内の「UP CLOSE」というコーナーにて、GARDEN代表・堀潤が「日本こども支援協会」代表理事・岩朝しのぶさんにインタビューした内容から、日本においての里親の現状や、里親制度の啓発・支援等を続ける「日本こども支援協会」の取り組みについてお伝えします。

「里親=養子縁組」は間違い?

:ちょうど今から15年ほど前、NHK時代の僕の初任地は岡山でした。岡山には、孤児院を初めて作った、児童福祉の父とも言われる石井十次さんがいます。一方で、施設偏重のため里親が少ないのが問題だということで、岡山県でも里親を増やそうという取り組みを一生懸命していました。一度、岡山の里親の方にインタビューさせていただいたことがあります。保護された子どもたちは虐待を受けていた場合も多く、里親の皆さんの負担は大きく、本当に七転八倒されていました。「私はね、本当の親にはなれない。でもこう思うの。子どもたちの応援団にはなれる」とお話しされていたのが印象的でした。そのレポートのタイトルは、『私はあなたの応援団』にしたことを覚えています。でも、今も里親の数が足りないということは変わらないんですよね。なぜ里親の数が少ないのか、全体状況を含めてまず教えていただけますか?

次ページ日本では里親の認知度が圧倒的に低い
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。