迷惑メールは誰が出す? 岡嶋裕史著

迷惑メールは誰が出す? 岡嶋裕史著

世界で一日に送信されるメールの総量は1530億通。そのうち85%が迷惑メールだという。個人も企業も対策に追われ、その費用も数千億円にのぼる。そもそも迷惑メールとは何なのか、どうして送られてくるのか。情報処理、特にセキュリティ分野に詳しい関東学院大学准教授の著者が、メールのしくみと迷惑メールが引き起こす問題を解説し、防衛策を講じる。

インターネットは自由度が高い反面、ひとたび悪意ある利用者が登場するとその抑制が難しい。インターネットに接続する以上は利用者は担い手の一人にならざるを得ないとし、そのメリットを享受し続けるためにも、各々が一歩踏み込んだ情報リテラシーを持つ必要があると説く。

新潮新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT