爆笑問題「不謹慎ギリギリな笑いを狙う理由」 太田光が語る「芸人の果たすべき役割」

拡大
縮小

――そこをどう裏切っていくかという苦労もあるわけですね。

田中:まあ、でも、大きいネタがあるっていうのはやりやすいですよ。あんまり大きい出来事がないと、まずニュースの説明を僕がしなきゃいけないから。こういうことがあって、こうなったんですよ、っていうのをまず説明して、その後にボケるってなると、バランス的によくないし、そういうのはネタとしてもあまり強くないことが多いんですよね。

田中 裕二(たなか ゆうじ)/1965年1月10日東京都生まれ。日本大学芸術学部中退。身長154cm(撮影:梅谷秀司)

本当は政治ネタをもうちょっとやりたいときもあるんだけど、『ENGEIグランドスラム』(フジテレビ系)とか、年末年始のネタ番組とか、テレビで漫才をやるときには観覧のお客さんは若い女の子がほとんどですから。芸能ネタはいいんだけど、政治関係になっちゃうとほぼウケないだろうし。だから、ドナルド・トランプと金正恩は本当に助かった。わかりやすいし、誰でも知ってるし。

太田:漫画チックだからね、トランプ、金正恩は。

太田光「不謹慎ギリギリを狙わないといけない」

――最近では、週刊誌で報じられた太田さんの裏口入学疑惑も漫才のネタにされていましたね。太田さんがご自分のことをネタにするのは今まであまり印象になかったんですけど。ずっと時事ネタを扱ってきた太田さんにとって「自分自身が時事ネタになる」っていうのはどういうお気持ちだったんでしょうか?

太田:たとえば、こいつ(田中)が金玉取ったとか、そういうのに近い感覚かな。そういう1つの定番になりつつあるっていうか。ただ、あれは裁判が絡むから、言っちゃいけない部分が出てくるわけで。そこの度合いは何となく、ごまかし、ごまかし、みたいな。

――お客さんの立場としては、この時期にその話題に触れないのは何か気持ち悪い、っていう感覚もありそうですよね。

太田:それはもちろん。東日本大震災のときもそうだった。あれで一時期バラエティが全部休止したんですよ。ウチがやってた『爆問パニックフェイス!』(TBS系)っていうドッキリ番組も、タイトルからしてダメだ、っていうことになって。『爆問パワフルフェイス!』っていう名前で仕切り直すことになって、震災から1~2カ月後ぐらいにネタ番組として特番をやることになりました。

そこで俺らが最後にネタをやるってなったときに、作家さんが3人いて、ネタ出しさせるんですけど、3人が3人とも震災を1個もネタにしなかった。「ふざけんな」って激怒して。無理矢理そのギリギリの線でネタを作って、ほぼ震災ネタで漫才をやったんですけど。

次ページ行くも地獄、戻るも地獄
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT