子どもへの性的虐待 森田ゆり著

子どもへの性的虐待 森田ゆり著

「使い方を知らないペニスはちょんぎってほしい」。これは7歳で強姦された少女の言葉だ。被害者を生涯にわたって苦しめる「子どもへの性的虐待」に日米でカウンセラーとして向き合った著者が、問題の実情を紹介する。

「父による娘への暴行」、「男の子への虐待」など一般社会では衝撃的な事件が、相談現場に頻繁に持ち込まれている。幼い被害者は「加害者」と「社会」から沈黙を強いられ、表面化しないのだ。

日本では問題への対応が欧米諸国に比べておくれているという。予防策として刑罰の強化や性教育の拡充など、制度整備が必要だが、同時に長い営みを通じて被害者の心の救済を図る「社会の優しさ」も大切であると、力説する。

岩波新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。