子どもへの性的虐待 森田ゆり著

子どもへの性的虐待 森田ゆり著

「使い方を知らないペニスはちょんぎってほしい」。これは7歳で強姦された少女の言葉だ。被害者を生涯にわたって苦しめる「子どもへの性的虐待」に日米でカウンセラーとして向き合った著者が、問題の実情を紹介する。

「父による娘への暴行」、「男の子への虐待」など一般社会では衝撃的な事件が、相談現場に頻繁に持ち込まれている。幼い被害者は「加害者」と「社会」から沈黙を強いられ、表面化しないのだ。

日本では問題への対応が欧米諸国に比べておくれているという。予防策として刑罰の強化や性教育の拡充など、制度整備が必要だが、同時に長い営みを通じて被害者の心の救済を図る「社会の優しさ」も大切であると、力説する。

岩波新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。