政治をみる眼 24の経験則 芹川洋一著

政治をみる眼 24の経験則 芹川洋一著

福田前首相は退陣理由の一つに低い内閣支持率を挙げた。本書によれば、内閣支持率をみれば政治の行方が読め、35%で黄信号、30%で赤信号、不支持率が支持率を2ケタ上回ると政権はピンチに陥り、それが自民党支持率を下回ると政権はいよいよ死に体となる。

同時に、権力闘争である政治は情報産業であるという。情報をいち早くキャッチし、より早く手を打てば、比較優位の関係ができ、支配下、影響下におく勝利者につながる。そこに介在するのは今やケータイ政治であり、メディアにおける発信力、合意形成より格闘技にするイベント力である。

メディアによる政治報道はとかく政局・政界報道になりがち。これに対して、政治理論や実証研究の結果をにらみながら、日本政治の「経験則」というかたちで整理しようとしたのが本書である。政治は国民を映す鏡。もし政治がおかしいとすれば、それはわれわれ自身の姿がそうだということ、とも評定する。

日経プレミアシリーズ 892円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。