政治をみる眼 24の経験則 芹川洋一著

政治をみる眼 24の経験則 芹川洋一著

福田前首相は退陣理由の一つに低い内閣支持率を挙げた。本書によれば、内閣支持率をみれば政治の行方が読め、35%で黄信号、30%で赤信号、不支持率が支持率を2ケタ上回ると政権はピンチに陥り、それが自民党支持率を下回ると政権はいよいよ死に体となる。

同時に、権力闘争である政治は情報産業であるという。情報をいち早くキャッチし、より早く手を打てば、比較優位の関係ができ、支配下、影響下におく勝利者につながる。そこに介在するのは今やケータイ政治であり、メディアにおける発信力、合意形成より格闘技にするイベント力である。

メディアによる政治報道はとかく政局・政界報道になりがち。これに対して、政治理論や実証研究の結果をにらみながら、日本政治の「経験則」というかたちで整理しようとしたのが本書である。政治は国民を映す鏡。もし政治がおかしいとすれば、それはわれわれ自身の姿がそうだということ、とも評定する。

日経プレミアシリーズ 892円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。