政治をみる眼 24の経験則 芹川洋一著

印刷
A
A
政治をみる眼 24の経験則 芹川洋一著

福田前首相は退陣理由の一つに低い内閣支持率を挙げた。本書によれば、内閣支持率をみれば政治の行方が読め、35%で黄信号、30%で赤信号、不支持率が支持率を2ケタ上回ると政権はピンチに陥り、それが自民党支持率を下回ると政権はいよいよ死に体となる。

同時に、権力闘争である政治は情報産業であるという。情報をいち早くキャッチし、より早く手を打てば、比較優位の関係ができ、支配下、影響下におく勝利者につながる。そこに介在するのは今やケータイ政治であり、メディアにおける発信力、合意形成より格闘技にするイベント力である。

メディアによる政治報道はとかく政局・政界報道になりがち。これに対して、政治理論や実証研究の結果をにらみながら、日本政治の「経験則」というかたちで整理しようとしたのが本書である。政治は国民を映す鏡。もし政治がおかしいとすれば、それはわれわれ自身の姿がそうだということ、とも評定する。

日経プレミアシリーズ 892円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT