前場の日経平均は続伸、一時400円超高

もう一段の反発には何が必要なのか

 10月17日、前場の東京株式市場で日経平均株価は前営業日比358円49銭高の2万2907円73銭となり、大幅続伸した。写真は都内で2016年2月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 17日 ロイター] - 前場の東京株式市場で日経平均株価は前営業日比358円49銭高の2万2907円73銭となり、大幅続伸した。前日の米国株市場では、主要企業の好決算などを受けてダウ、ナスダックが大幅高となった。その流れを引き継ぎ、日本株にも幅広い銘柄に買いが先行した。為替が1ドル112円前半で落ち着いた動きとなったことも安心材料になった。短期筋による先物への買い戻しが加速し上げ幅は一時400円を超えたが、節目の2万3000円が意識され、前場後半は売り買いが交錯する展開だった。

TOPIXは前営業日比1.53%高で午前の取引を終了。前場の東証1部の売買代金は1兆1674億円だった。セクター別では機械、証券、不動産、電気機器が上昇率上位にランクインした。海運、鉄鋼は軟調だった。市場では「米国株は予想を上回る好決算でリスクオンムードが広がったものの、日本企業の決算については期待が高まる状況にはなっていない。予想の範囲内であれば失望売りを誘うこともありそうだ」(サクソバンク証券チーフマーケットアナリストの倉持宏朗氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり1952銘柄に対し、値下がりが116銘柄、変わらずが40銘柄だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT