前場の日経平均は続伸、一時400円超高

もう一段の反発には何が必要なのか

 10月17日、前場の東京株式市場で日経平均株価は前営業日比358円49銭高の2万2907円73銭となり、大幅続伸した。写真は都内で2016年2月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 17日 ロイター] - 前場の東京株式市場で日経平均株価は前営業日比358円49銭高の2万2907円73銭となり、大幅続伸した。前日の米国株市場では、主要企業の好決算などを受けてダウ、ナスダックが大幅高となった。その流れを引き継ぎ、日本株にも幅広い銘柄に買いが先行した。為替が1ドル112円前半で落ち着いた動きとなったことも安心材料になった。短期筋による先物への買い戻しが加速し上げ幅は一時400円を超えたが、節目の2万3000円が意識され、前場後半は売り買いが交錯する展開だった。

TOPIXは前営業日比1.53%高で午前の取引を終了。前場の東証1部の売買代金は1兆1674億円だった。セクター別では機械、証券、不動産、電気機器が上昇率上位にランクインした。海運、鉄鋼は軟調だった。市場では「米国株は予想を上回る好決算でリスクオンムードが広がったものの、日本企業の決算については期待が高まる状況にはなっていない。予想の範囲内であれば失望売りを誘うこともありそうだ」(サクソバンク証券チーフマーケットアナリストの倉持宏朗氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり1952銘柄に対し、値下がりが116銘柄、変わらずが40銘柄だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 見過ごされる若者の貧困
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT