「浅草開化楼」の麺が圧倒的に支持される秘密

ラーメン名店が軒並み採用する製麺所の裏側

(左上)「らーめん弁慶」の「らーめん」、(右上)「じらい屋」の「じらい屋らあめん」、(左下)「自由が丘 蔭山樓」の「鶏白湯塩そば」、(右下) 「一寸亭」の「モヤシソバ」(筆者撮影)

ラーメンにおいて、味の決め手としてスープと同じぐらい重要なのは「麺」だ。

おいしいラーメン店の見分け方?

その麺を作っている、いわゆる「製麺所」の箱をラーメン店で見掛けたことがある人もいるだろう。製麺所のブランドにこだわって、ラーメン店を選ぶラーメンファンもいる。

この連載の一覧はこちら

そんなブランド麺の1つが「浅草開化楼」である。東京で中華麺の製麺所といえば、まず名前が挙がると言っていい。「ザ!鉄腕!DASH!!」「嵐にしやがれ」(日本テレビ)、「ワールドビジネスサテライト」「たけしのニッポンのミカタ!」(テレビ東京)などテレビ番組でもたびたび紹介される。

らーめん弁慶
麺創房 無敵家
ハッスルラーメンホンマ
中華そば勝本/つけそば神田勝本
麺 高はし
ラーメン大至
東京スタイルみそら-めん ど・みそ
自由が丘 蔭山樓
麺屋 中川會
らーめん 福たけ
さんじ
じらい屋
ボニート・ボニート
つけめん さなだ
浅草名代らーめん 与ろゐ屋
一寸亭
萬福
栄屋ミルクホール

上記は浅草開化楼の麺を使っているラーメン店だ。

浅草開化楼がラーメン店に納める麺が入った箱(筆者撮影)

数々の名店が連なっている。テレビ東京「ヒットの秘密BIZ」では、おいしいラーメン店の見分け方として、「浅草開化楼の箱があれば間違いない」と紹介されたこともある。お店の見える場所に製麺所の麺箱が置かれるようになったのも、浅草開化楼の飛躍がひとつのきっかけと言われている。

次ページ浅草開化楼が今の地位を築くまで
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT