「シエンタ」2列シート車が果たす意外な役割

「JPN TAXI」の補佐と「ノート」タクシーに対抗

すでに現行シエンタが3列シートのみラインナップされていた頃から、シエンタのタクシーは普及していたが、2列シート仕様の追加でそのニーズがさらに高まることが予想される。

もともとJPN TAXIが正式デビューする前から、JPN TAXIのベースがシエンタとなるとの情報が流れていたので、「タクシー事業者の一部が『どんな車両なのか』とシエンタをタクシー車両として導入していた」という話をタクシー業界の関係者から聞いたことがある。

シエンタ2列シートをタクシー車両として考えたときに、もう1つの役割は、にわかに増えている日産自動車「ノート」、それも人気グレードになった「e-POWER」タクシーへの対抗馬だ。

日産のタクシー専用車「NV200タクシー」は乗り心地を重視し、ガソリンとLPGの両方が使えるバイフューエル仕様となっており性能面では“実力派”となっている(写真:日産自動車ニュースルーム)

日産はタクシー専用車両として「NV200タクシー」をラインナップする。タクシー車両としての乗り心地を重視し、ガソリンとLPGの両方が使えるバイフューエル仕様があるなど、性能面ではかなりの“実力派”となっている。

ただ、ベースは商用バン「NV200バネット」で見た目があまりカッコよくないことから人気がないのか、タクシー車両として見かける頻度も少ない。「簡易立体駐車場の車庫に対応できないという物理的な事情もある」とタクシー事業者から聞いたことがある。

そのためか、ここのところ日産は燃費に優れ、車両価格も比較的安いノートe-POWERをタクシー会社に売り込んでいるようだ。最近は、東京都内でノートe-POWERのタクシーを結構見かける。筆者の自宅近くのあるタクシー事業者は、それまで、中古のクラウンコンフォートを使っていたようだが、最近ノートe-POWERタクシーを導入した。

意外なほど好評を博している日産「ノート」

利用客の間では「1人で乗る分には問題ない」という声も聞かれるほか、ドライバーからも、「マイカーと同じ感覚で運転できるし、タクシー専用車に比べれば疲れも少ない」と、意外なほど好評を博している。

燃費に優れ、車両価格も比較的安いノートe-POWERが、日産にとってタクシー車両の販売強化の足掛かりとなるか(写真:日産自動車ニュースルーム)

タクシー業界の事情通によると「日産はノートe-POWERに加え、ミニバン『セレナ』のe-POWER仕様も、タクシー事業者へ積極的に売り込んでいるようです」という。タクシー車両の販売が強化できれば、それぞれの販売台数を上積みできるという日産側の事情もある。

トヨタが意図しているか否かは不明ながら、タクシー用車両としてのシエンタ2列シートはノートe-POWERの対抗馬としては、ピッタリといえる。「ノートにこれ以上に好きにさせないようにトヨタが送り込んだ“刺客”ではないか」といぶかるタクシー業界関係者もいるぐらいだ。

ただ、トヨタがタクシーとしての需要を強く意識して、シエンタ2列シートを設定したのだとしたら、JPN TAXIをみずから否定しているようにも見えなくない。また、シエンタに限らず、日産にとってのノートやほかの車種も同じことながら、タクシーとして売りすぎてしまうと、乗用車としての購入を考えているユーザーには「タクシーでよく見かける車種だよね」と、ブランドのイメージダウンになってしまうリスクはある。

それにしても、トヨタがコンフォート系からJPN TAXIへの切り替えで、多少まごつき気味な様子を察知して、日産が素早い対応を見せているのは間違いないようだ。このような“小回り”のきいた対応は日産らしさの1つと言ってもいいだろう。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT