「シエンタ」2列シート車が果たす意外な役割

「JPN TAXI」の補佐と「ノート」タクシーに対抗

「シエンタ」2列シートの導入で、タクシー専用車の販売競争に一矢報いることができるか……(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

トヨタ自動車が9月に実施した「シエンタ」のマイナーチェンジ(一部改良)で、従来の3列シート車(6人または7人乗り)に加えて、2列シート5人乗り仕様の「FUNBASE(ファンベース)」を新たに設定した。

2代目となる現行シエンタが発売されてから約3年。トヨタとして最小のミニバンであり、多人数乗車が大きな売りではあったが、シエンタ2列シートにも一定のニーズが見込まれる。背が高く、広々とした室内と両側スライドドアを備えたコンパクトカーとして考えると、乗用車としてはもちろん商用車としても使い勝手がいいからだ。

タクシー用車両としても注目されているシエンタ

トヨタ『シエンタ』5人乗りが追加された事情」(2018年9月20日配信)で、執筆者の森口将之氏が触れているように、シエンタ2列シートが重宝されるのは福祉車両やタクシーとしての用途だ。このうち筆者は、タクシー用の車両としてシエンタが果たす役割が小さくないであろうということに注目している。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

その役割は2つある。まずは、トヨタが1年前の昨年10月に発売したタクシー専用車「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」が対応しきれないであろうニーズを満たす役割である。

JPN TAXIは、それまでトヨタが生産してきたタクシー専用車「コンフォート/クラウンコンフォート」に代わる車種。トヨタのタクシー専用車としては22年ぶりの新型車と位置づけられている。背が高く、後席にスライドドアを備えて乗客が乗り降りしやすい独特のハッチバックスタイルだ。それもそのはず、車体のベースは現行シエンタなのである。そして、新開発のLPG(液化石油ガス)ハイブリッドシステムを採用しており、燃費も19.4km/L(JC08モード)を誇る。

東京都心部では当たり前のように見かけるようになったJPN TAXI。トヨタのお膝元である名古屋市内などでも多く走っている。だが、「東京の隣接県や名古屋以外の地方に行くと、それほど見かけない」と自動車業界内外で言われている。

次ページネックとなるのがJPN TAXIの車両価格
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。