日本語の作法 外山滋比古著

日本語の作法 外山滋比古著

言葉ほど簡単で七面倒臭く、移り気だが歴史の重みを持ち、浅薄で奥が深いものはない。思慮を欠いたちょっとした言葉遣いで積年の信頼も一挙に壊れる。エッセイストでもある英米文学者が、日本語の昨今を論じた連載コラムをまとめた軽装本だが、示唆に富んだ指摘が随所にある。

「役不足ですが精一杯がんばります」「○円でご提供いたします」「お出でを私たち心から希望しています」。漢字の間違い、文法や敬語、TPOや発音の間違い。現代日本語は間違いだらけだし、美しくない日本語も増加の一途だが、その実例が次々に登場すると、笑ってばかりもいられなくなる。自分だけは大丈夫とは思っても、心にとどめおくに適当な助言も多々ある。逆に潤滑油、手法としての日本語のヒントも示される。人間関係を築くための挨拶から礼状の出し方、電話のかけ方まで、日本語の作法は要するに「心」であることが、ユーモアを交えて語られる。(純)

日経BP社 1260円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。