「ベーシックインカム」なんて幻想でしかない

それよりは最低賃金を見直すべきだ

現在、カリフォルニア州の最低賃金はサンフランシスコで時給15ドルだが、マサチューセッツ工科大学が開発したサイト「MIT生活賃金計算機」によれば、子ども1人の共働き世帯が最低限必要な収入を得るには最低でも21ドルが必要だ(一人親世帯は39ドル)。

このようなギャップは企業や政府の努力で埋めることができる。たとえば、家具小売りの「イケア」は2014年から、MITの計算機に基づいた生活賃金を支払うようになっており、他社でも同様の取り組みが始まっている。最低賃金を生活賃金に合わせて引き上げる地域も増えている。

幻想にかまけている暇はない

一方のEITCは、労働意欲の向上や貧困削減などに大きな効果のあることが実証されている。カリフォルニア州は最近、ギグエコノミーをEITCの対象に含め、所得要件も見直すことで申請者数を従来の3倍超に引き上げた。

ただ、同州EITC対象者のうち制度を知っているのは5人中1人にも満たない。全米でも5人に1人しか申請を行っておらず、毎年160億ドルの控除が使われず宙に浮いている。認知度向上など、さらなる対策が必要なのは明白だ。

低所得者や障害者向けの医療扶助制度「メディケイド」や補助的栄養支援プログラム(フードスタンプ)などへの登録簡素化も欠かせない。毎年500億ドル相当の連邦社会保障給付が未申請となっているからだ。現在、確実に給付が行われるよう対象者を自動登録する実験が5つの州で進んでいる。

つまり、生活賃金の実現に向けて、なすべき仕事は山とある。BIや雇用保障のような幻想にかまけている暇はない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT