スラウェシ地震、知られざる甚大被害の全容

公式発表の死者数は1407人だが…

(写真: Antara Foto/Hafidz Mubarak A/ REUTERS)

「ゾンビの町になってしまった。すべてが破壊された。何も残っていない」と語るリム氏。回線は不安定な状態で会話が途切れる。

「私たちは疲れ果てている。食料も水もない」

30万人の人口を抱えるドンガラ地区の別の地域では、アフマド・デラジャット氏によると、生存者が畑や果樹園で食料を探していると語る。

農場にある食糧を食べるしかない

「現在、私たちが当てにできるのは、農場にある食糧です。サツマイモやバナナなど何でも分け合っています」とデラジャット氏は語る。津波によって家が流されてしまい、残されたものは、バラバラの家具、壊れたトタン屋根、木製の梁だけである。

「なぜヘリコプターで救援物資を落としてくれないのか」とデラジャット氏は尋ねた。

救助隊員のリアン・ゴガリ氏は、ドンガラは震源地に近く、パル北部の海岸道路沿いにある小さな町であることから断絶されており、危険な状態であると説明した。

「みな、水と食料を手に入れることに必死になっている。水、食料、ガソリンがない状態です。無政府状態でもあります」と続けてゴガリ氏は、「私の支援団体はモーターバイクで少しずつ食料を送ることができたに過ぎない」と語った。

ウィドド大統領は、緊急性が高まっていることを強調しつつ、2度目の被災地訪問を行った。オレンジ色の帽子を被り、パルの倒壊したホテルで作業する救助隊員を激励した。

ウィドド大統領は記者団に対し、「本日ここに戻って目にしたものは、重機が到着したことだ。救援物資は最大級のものではないが到着し始めている。燃料は部分的に到着している」と述べた。

次ページ「大統領には聞こえていない」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT