「無名」のハナコがコント王者に輝いた決定打

ずば抜けた表現力で「犬を演じる」岡部の功績

「キングオブコント2018」優勝のハナコ。左から菊田竜大、秋山寛貴、岡部大=2018年9月22日(写真:日刊スポーツ)

9月22日に放送されたコント日本一を決める『キングオブコント2018』(TBS系)で優勝したのは3人組のハナコ。結成4年、「ほぼ無名」ともいえるダークホースの勝利だった。

ハナコは決勝ファーストステージで1本目のコントを披露して、チョコレートプラネット、わらふぢなるおに続く暫定3位に食い込んだ。そして、ファイナルステージで2本目のコントを演じて、総合点で2組を抜き去り、王者に輝いた。

『キングオブコント』で披露されるコントのレベルは年々上がっていて、今年の決勝は近年稀に見る接戦となった。ファーストステージでハナコは464点を獲得していたのだが、その下にはわずか1〜2点差でさらば青春の光(463点)、ロビンフット(462点)が控えていた。この2組は僅差でハナコに敗れてファイナルステージ進出を逃していた。上位5組のうち誰が優勝してもおかしくない大激戦だったのだ。

「ボケが一切ないのに笑える」1本目のコント

そんな中でハナコが優勝できたのは、コント芸人として自分たちが持っている力を出し切って、文句なしの良質なコントを演じたからだろう。この日、彼らが演じた2本のコントのどこが画期的だったのか、ネタの内容を紹介しながら振り返ってみたい。

まずは1本目のコント。冒頭、岡部大が演じる犬が家の中で何も言わずくつろいでいる。ふと何かに気付いたように「これ、そうじゃない?」とつぶやき、徐々に確信を深めていき、玄関へと向かう。

すると、そこに秋山寛貴演じる飼い主が帰ってくる。犬は飼い主が戻ってきたことに興奮して、喜びをあらわにする。その後も、犬はオモチャに夢中になったり、エサに食いついたり、見慣れない飼い主の友人に吠えかかったりする。ネタの最後では、犬がオモチャに気を取られているうちに、飼い主とその友人が家を出ていってしまう。犬がそういうことをするというのは、我々にとってごくごくありふれた光景である。

次ページ1本目のコントが笑えるワケ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。